FC2ブログ
topimage

2020-08

ニューヨーク、第二の古里vol.1 - 2013.08.27 Tue

 今回、ニューヨークに立ち寄ったのは、Liveの他に楽しみにしていた所でお盆休みを!っという計画だったんです。
大我のお姉ちゃんが1歳半の時(大我は種も仕掛けもございません)、ハワイ・ロスアンジェルス・ラスベガス・ポートランド・シアトル・ペンシルバニア・ニューヨークと全米を周遊し、最後に滞在したのがロングアイランド。
そこには大我ママの同級生の御両親が住んでおられ、身も心も癒される土地と家とファミリーに魅かれ、以降、毎回ロングアイランドに帰郷するようになったのです。
毎年、「今年は帰ってくるのかネェ~?」とノエル(大我ママの同級生)に尋ねられ、今回の帰郷が決まった時には大喜びで、ベッドルームを綺麗にしたり、庭や車の手入れをしたり、食べたい物を尋ねてこられたり・・・と一騒動だったみたいです・笑!

 大我3度目、5年ぶりの帰郷・・・スネアドラムもシンバルも無し・・・小さなトランクに着替えだけを詰め込んでペン・ステーションへ。
アメリカの乗り物・・・何が起こるかわからない・・・勉強済みのこちらは早めに到着。
駅の自動券売機・・・2列前に並んでた女性が大荷物を抱えたままキップ代金を投入・・・それも全てチャリ銭で・・・両手に荷物を抱えてるからコイン一枚の投入も非常に時間がかかる・・・1列前の男性は手を大きく広げ、顎を大きく下げて勘弁してくれよ!の呆れ顔・・・キップ一人分の購入時間に約15分・・・25ドル分をクオーターとペニーだけを使ってですからネ。。。
荷物を床に置いたらもっと早く出来るのでしょうが、ココはアメリカ。。。
“何か?”ってな顔でやっとこさキップ購入。後方に並んで“早くしろよ!”空気充満の列をニラんで去っていきました。。。
 私達も券売機の前でモタモタする訳にはいかない・・・後ろから沢山の目に凝視されている・・・前の男性の購入方法を勉強してトライ・・・10秒でできました!
NO-B 907
 ペン・ステーションから向かうはLong IslandoのNorth ShoreにあるPort Jefferson駅。
NO-B 908
 特急からローカル線に乗り換え、先住民インディアンの土地の名前がついた駅を幾つも過ぎ、揺られる事2時間半。

 到着した駅のホームに身を乗り出して迎えてくれるパッパ(お爺さん)とナナ(お婆さん)とノエル(叔母さん)・・・
すでにナナは涙一杯溜めて・・・大我をムギュ~~~っと抱きしめキッスの嵐!「よく来てくれたわ!首が延びちゃった!」
ノエル叔母さんが、駐車場に止めてある車を指さし「Tiger、パッパがネ、どうしてもTigerと一緒に!って、ずぅ~っと前からエンジンルームを覗いたり、ホワイトのシートを綺麗に掃除したり準備してたのヨ!・・・だから車2台で迎えに来たの!」って。

「ルー、あなた、Tigerが乗るんだから気を付けてね!?」っとナナ。
「大丈夫!マンハッタンとココ、往復5時間、25年間毎日、君の元に車で戻ってきただろ?!」
NO-B 913
 お爺さんと孫が仲良く乗ったオープンカーを追いかける事20分。
空気が清らかで、緑に囲まれた真夏でも涼しい第二の古里に到着。
NO-B 929
 パッパ自慢のオープンカー!…よく整備された美しい車です!
NO-B 920
「早く運転できるようになりたい!」

 家の中から、「Tiger!手伝ってェ~!」
NO-B 939
 ノエル叔母さんと夕食の準備。
パッパはお庭でBBQ担当。大我のために特大ソーセージのグリル。ナナは大我パパお気に入りのキッシュ作り。
NO-B 949
 孫のキャサリンも訪れ、ワイワイと“お帰り~!”パーティー。
夜の7時半でこの明るさ・・・マッタリ、ノンビ~リとしたテラスでの夕食は、長袖とランプを引っ張り出してまで続きました!

 つづく・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/866-d95e5793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニューヨーク、第二の古里vol.2 «  | BLOG TOP |  » チャイナタウンとマンハッタンの夜

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する