FC2ブログ
topimage

2020-01

Satchmo Summer Festival 2013 vol.2 - 2013.08.14 Wed

 ジャズフェスの最終日。
その大トリを飾るのは、サッチモの再来と称賛され、ニューオーリンズの財産であり、TREMEの誇り、大我のヒーローであるKermit Ruffins 率いるthe Barbecue Swingers!!!

 会場のルイジアナ博物館(旧造幣局)敷地内の『Red Beans & Ricely Yours Stage』は、立錐の余地も無い人だかり。
BBQ Swingersの面々がバックステージで待機する中、ファンに揉みくちゃにされながらKermitさんが到着。
 そしてステージ上へ!物凄い大歓声!
いつもの、「All Aboard?!(みんな船に乗り込んだかい?!)」の掛け声で始まり、オーディエンスのハートを一気に鷲掴みにし躍らせる・・・笑顔にさせる魔法にかかったかのような幸せ万滴空気がパァーっと広がる!
サッチモの再来と称されてますが、トランペットの音色にしても歌声にしてもマネではない。
レコード会社や仕掛人にキャラクターを強制されているのではなく、独自の解放感がある。
ものマネだと飽きるのでしょうが、聴き終わりたくない幸福感が続き、体が勝手に彼の脈を受け踊らされる。

 楽しい楽しい音楽が続く中、マイクを握ったKermitさん。
「みな、よくきてくれたネ!ここで俺の友達を紹介するヨ!オレはこの前、彼のレコーディングに参加してきたんだ!もう、アメージングだったよ!ルイジアナ州のマスコットはTiger!でも日本のTigerがこの会場に来てくれたんダ!紹介するヨ!Tiger!~~~on Drums!!!」

 足でカウントを入れ、レコーディングした曲を始めた瞬間、この曲を「待ってました!」とばかりに大歓声!
Fes Kermit3
 Kermitさんが白の衣装で来るのは予想してました!
前日のエリスさんが、ルイジアナ州のカラーである紫を着用してくるのも!
普通、メインの大物と色がかぶったりすると嫌がられる事が多いのですが、Kermitさんもエリスさんもそんな事気にしないはずっ!彼らの音楽に溶け込みたいという欲望からデス!

Fes Kermit4
♫ Hold that Tiger ! Hold that Tiger ! Hold that Tiger !♫
♫ Tigerを捕まえろっ!♫っと熱唱するKermit さん。レコーディングしたメンバーだからノリも抜群!
見て下さい!ホーマー(Kevinさん)と大我のニコニコ光線!

 途中、右側をみて笑いだす大我・・・
Fes Kermit
 ウォッシュボーダーのDirty Riceさんが参戦!
Fes Kermit2
 なにかウズウズしてたのか、凄んごいテンションで擦りまくります!
大我に近づいたり、向けてるこのカメラに向かってきて“ドヤッ?!顔”連発のDirty!

 このバンドの要、吹田の星!
Fes Krimit Z2 
 「ヨ・シ・タ・キ Z2!」
Z2のソロも凄んごい盛り上がるっ!ってか、いつもニッコニコ笑顔でそれを喜んでるKermit!
Kermitのやろうとしている事を先読みして種をまいたり、アドリブの応答を瞬時に入れたり、美しいハーモニーやヤンチャなハーモニーを入れたり・・・二人のやりとりを見ていると、こっちまでハッピーに!

Fes Kermit5
 大我のドラムソロに聴き入るKermit!
会場に向かって「アメージング!」とばかり目をパチクリしたり、「ワォ!」と叫んだり、盛り上げ上手!

Fes Kermit6
 「スゴイゼッ!Tiger!!! on Drums!!!」

Fes Kermit7
 会場も総立ちでヒートアップ!
「Tiger!」「Tiger!」「Tiger!」っと皆凄い歓声!

 「Happy Birthday SATCHMO !!!」と叫ぶKermitさんのサッチモに対するリスペクトで閉幕。

 二日間、スタイルの違う両レジェンドのパフォーマンスに触れ、沢山の事を学んだ大我。
大我の取り組みを瞬時に音で理解してくれ、少年でもちゃんとリスペクトしてくれる懐の深さ・・・5年前“我が街”に訪れてくれたことを心に留め、再訪をとても喜んでくれた。

 誰しもがこんな機会を得られるものではない。
音楽の神がいるとすれば、過去と未来を目には見えない糸で通信させ、乗せる船や寄港地なども決められているんじゃないか?・・・と想像させられた二日間でした。


 つづく・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/851-a198d493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Mississippi River &Street Car «  | BLOG TOP |  » 日曜礼拝とサンデーランチ

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する