FC2ブログ
topimage

2020-01

日曜礼拝とサンデーランチ - 2013.08.13 Tue

 朝早く起きてZ2号で出発。
スコールで車内びしょ濡れになろうが、車を盗られてもいい人は少し窓を開けた状態で駐車しておくでしょうが、ココでは普通、ガラス窓はしっかり閉めたまま。だから最初乗り込む前、車内のオナラを排出する様のにドアを全開にして乗りこまないと、もう大変!ハンドルを握る方は仕方ないですが、どこもかしこもアッチアチで火傷しそう。。。

 「アッツ!アツ!アッツ~!」とハンドルを握るZ2。
ミシシッピー川を渡りWest Bank地区へ入り走る事約20分。チョット田舎な黒人住宅街にある教会へ到着。

 Z2がキーボードを務める教会の日曜礼拝。
入口で、綺麗に着飾ったご婦人や正装した紳士達が、「おはよう!ごきげんいかが?!」と声をかけてくれる。
一見さんの東洋人に優しい笑顔で声をかけてくれる。
日本で時々体験する、常連さんでいっぱいのジャズクラブや喫茶店に入った時に感じる“よそ者感”が全くない・・・そんな視線も全く感じない・・・少し覚悟はしていたのですが。。。

 キーボードセッティングの時間から来たのでまだ礼拝者は少ない。
後方に着席しているとお世話係のオバチャンに、「もっと前に座ってもいいのヨ!」と声をかけてもらうも、初陣にしては早すぎると丁寧にご辞退。
次から次に集まって来られるご婦人方。ちょっと遅れて子供連れの殿方。日曜の子供の世話は殿方って感じです。

 ギュウギュウ詰めになってきた教会。
大我の隣、前方、後方の皆さんが次々に手を差し伸ばし、「おはよう!」とニッコリ笑顔で握手してくれる・・・なんとも穏やかな、優しい空気が教会内を包みます。

 ゴスペルクワイヤーが登場し礼拝の開始。
読み書きが許されなかった時代、黒人達は音楽や聖書の内容をコールアンドレスポンスで口から口へと伝え、手を叩き足を踏み鳴らすことでシンコペーションを生んだ。
 牧師さんの説教で皆の血が熱くなっていくのがわかります。
「今日ここに、友が来られました。皆さんで祝福しましょう!」と大我達のことも。
クワイヤーが荘厳な歌を歌いあげ、過呼吸で倒れこむ女性も。
Z2なんか幸せオーラ全快で弾きちぎってました!
神の“血”と“肉”をいただき、地域の平和と世界の平和をお祈り。
 厳粛な空気の中で行われる白人霊歌と礼拝はチョット窮屈で眠気も誘う。。。
血沸き肉躍るこのような礼拝・・・体が自然と興奮・・・緩急があるので心も落ち着く・・・信者ではないのに、最初から何の疑いも無く平等に接してくれる・・・身体の栄養となりました!

*礼拝中の写真は遠慮しておきました。

 約2時間の貴重な体験をさせていただいた大我。
最後の礼拝曲が流れたとき、ホーマー(Kevin氏)さんが大我を手招き。
(30分遅刻で現れたホーマーでした・・・噂通りの遅刻魔!)
皆さんが退場して行くまで演奏に参加させてもらった大我。
charch.jpg
 皆さんが退場したのを見計らってセッションの開始!
この前録音した大我の新曲で盛り上がるカルテット!オバチャンたちがまた戻って来て踊ってました!

 外に出るとおばさま達がてんこ盛り大我に寄って来て、「よくきてくれたわネ!神の御加護を!」と。
そしてみな口々に、「チョットお訪ねしてもいい?・・・あなたの着ているお洋服はどこで買ったの?・・・孫達にも是非それを着させたいワッ!」と。
「あの~~~、ニ・ホ・ン・ですゥ。。。」
「あらら、ジャ・パ・ン。。。ドラムを叩いてたからてっきりこの辺りに住んでらっしゃるのかと。。。それは無理だわネ。。。残念!」って。

 背中に3つ、左胸に1つの十字架のエンブレムが付いた白いポロシャツでした。

 キーボードを撤収したZ2、「あ~~~腹減った!」
「大我!行くゼッ!俺オススメのステーキ屋!」っと、車をぶっ飛ばすこと10分、郊外にあるステーキ専門のレストランへ。
TigerZ2.jpg
 650gのTボーンステーキ!
ナント炭火で焼いてあるので、日本人の味覚にGood!それをレアで!久しぶりのレア!
「礼拝の時の“血”と“肉”は少なすぎたから!」・・・このバチあたり!
コッチに来てからチキンとターキー続きだった大我は大喜びのヨダレ全快!
大量のサイドディッシュも付いてくるので腹いっぱい。
ココは全て美味しく、ニューヨークの半額くらい・・・いや~満足満足!

 廻りを見わたすと礼拝帰りの家族連れが沢山。家族の恒例行事なんでしょうネ?!

「さあ!今日も一日ガンバルぞ~~~!」

 つづく・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/850-3ac47960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Satchmo Summer Festival 2013 vol.2 «  | BLOG TOP |  » Satchmo Summer Festival 2013 vol.1

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する