FC2ブログ
topimage

2020-08

Satchmo Summer Festival 2013 vol.1 - 2013.08.12 Mon

 ニューオリンズ夏の最大級フェスティバル。
4日間開催されるフェスですが、3日目と最終日のトリに現地大物ミュージシャンバンドが出演します。
その3日目と最終日に、それもニューオーリンズのエンペラー&スーパースターのバンドに参加してきました!

 先ずは3日目の報告デス!
この日も酷暑、極湿度!朝からZ2とコインランドリーに行き大量の洗濯。
(ランドリーの機械に4ドルぼったくられる悲劇にも遭いましたが。。。)
名物のスコールは家に居る時やLiveハウスの中に居る時だけ。あとは、体の芯まで照りつける日差しと、サウナ状態の湿度にコテンパンにやられ続けました。
乾燥機にかけている間にジャケット写真撮影などにも出かけたのですが、汗でファインダーが覗けない・・・しかも日差しが強すぎて撮り終えた写真が見えづらい。

 大量に水分補給してフレンチクウォーターにあるジャズフェス会場へ。
会場に近づくにつれ人、人、人の波・・・会場内はすし詰め状態だから見ているだけで鼻腔がうっ血する感じ!

 会場はルイジアナ博物館(旧造幣局)の特設ステージ。
大きなステージが二つ。今日はその内の『Cornet Choop Suey Stage』

 バックステージでエンペラーとJasonさんにご挨拶。
そして、エンペラーEllis Marsalis カルテットがスタート!
会場のオーディエンスは尊敬の眼差しで聴き入る・・・数曲後、エリスさんがジェイソンさんのところまで行き何か問うてる感じ・・・「Tigerはどこで待機してる?」って心配されてたみたいです。

「日本から来た私の友人を紹介します!素晴らしいドラマーです。彼の演奏が皆をハッピーにさせてくれるでしょう!・・・Tiger!」
サッチモの看板が見守る中、大我登場!
Fes Ellis3
 「わァーッ!」っと歓声があがったあとシ~ンと静まり返るオーディエンス。
エリス氏の軽快なイントロがはじまり大我も「あ~、あの曲ですネ?!」ってな感じで溶け込み開始!直ぐに体を揺らし始めるオーディエンス。
Fes Ellis4
 もちろん事前の打ち合わせなんかありません。
曲の進行の中でカルテットの楽器会話が展開される・・・オーディエンスも興味津津・・・ジェイソンさんとはレコーディングで何曲も演奏しているので、時々二人顔を見合わせニッコリしながら楽しんでる・・・そして大我のドラムソロで会場はヒートアップ!
Fes Ellis5
 演奏後エリスさんに挨拶する大我。
「みなさん、彼がニューオーリンズに来てくれたことを私は嬉しく思います。そして彼とレコーディングして、このサッチモのフェスで一緒に演奏出来た事も大切な意味があると思います!」
 会場は割れんばかりの拍手喝采!ありがたいことです!
Fes Ellis6
 終了後のエリスさん、ニッコニコ!
「Tiger!楽しかったヨ!ボクはもう年だから日本に行く機会はないと思うから、またココに戻ってきておくれ!」
「わかりました!また絶対戻って来ます!それまでどうぞお元気でいて下さい!」

 ココに居る事、ココで演奏している事、不思議?・・・いや、必然?・・・Jazzの継承は生前から決まっている。そう感じたステージでした。

 帰り道、沢山の人があとから追いかけて来て、「素晴らしいステージをありがとう!」と握手を求められ、日本式のお辞儀。大我がステージ上でエリスさんや観客に頭を下げてお辞儀してたのを見ておられたんでしょうネ!?
「エリスさんのバンドと…なにの違和感もなくパフォーマンスされていたのは驚いた!」
「来年も来てネ!」「いや、日本にもいきたいな!」「幸運を!」と声をかけていただきました!

 こうやってJazzの輪は広がって行くんですネ! 

 つづく・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/849-1ebd1386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜礼拝とサンデーランチ «  | BLOG TOP |  » WWOZ出演!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する