fc2ブログ
topimage

2024-04

T.S. Monk sextet at Birdland  - 2005.10.15 Sat

10月15日続き
 T.S. Monkはかのセロニアス・モンクの息子。バードランドで彼のセクステットを聴いた。TSさんに大我がご挨拶してみた。素直に小さな大我が聴きに来たことに喜んで下さり、大我がドラマーであることを説明すると、なんとあのバードランドのステージで、大我のことを紹介してくださった。そして本場ジャズドラムの勉強にNYに来た大我のために一曲叩きたいとドラムソロを演奏してくださったのだ。モンクさんの師匠マックス・ローチの「To the MAX」という曲だった。大我は思わずステージ上のモンクさんのところにかけていって、「さんきゅ」と言った。モンクさんに抱き上げられて更なる大勢のお客さんから拍手まで(演奏もせずに)もらってしまったのだ。
TSMonk

 前述の通り、Monkさんはかの伝説的巨匠セロニアス・モンクの息子さん。さぞ七光りかもしくは重圧かで大変だろうな。良いか悪いかどっちだろうと思ったが、MCで「大物の息子というものはロックの世界などでは名前だけで通用する。しかしJAZZの世界ではそんなことは全く関係ない。名前が何であるかより、どれだけ練習したか、どれだけその成果を表現できるか、それだけが評価されるのだ。」そう言っておられた。(コレ、SUBのGGが言ってた言葉そのまんまだな。)
 帰り際、バードランドのオーナーのジョーさんが、大我にお店のロゴ入りキャップをプレゼントしてくれた。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/84-683d1e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラムがギターと会話するには?~ジャズドラム編~

  それでは今回は、 前回のベース編に続き ドラマーの木南君に 「ジャズ的ギターソロへの反応法」 をガッツリインターヴュー!!  早速今話題のセッション動画からチェックよろしく!http://www.geocities.jp/feelin_the_spirit/060102.wax...

Absolutely awesome! «  | BLOG TOP |  » DIZZY'S CLUB COCA COLA

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する