fc2ブログ
topimage

2024-04

四条京阪がNew Orleansに変身! - 2005.10.12 Wed

10月12日(水)
 南座に鴨川、いつもの四条京阪… でも今日は雰囲気ががらりと違う。
 「カトリーナ」襲来まで、ニューオリンズと日本を行き来して活動していたトランペッターMITCHさんが大我のストリートに参加。本物のディキシーランドジャズライブだ。
 立ち止まって一緒になって楽しんでくださったお客様の中には、3ステージ全て最初から最後までぶっ通しで聴いてくださってた方々も多かったのが嬉しかった。ずっと、手拍子が鳴り止まないお客様も一体となった楽しいストリートだった。

 ニューオリンズジャズは、モダンジャズやバップ系のジャズとはドラミングも全然違う。ディキシーランドジャズドラマー永田充康さんも参加して下さったので、大我は永田さんの演奏中はすぐ後ろに立って、その独特(というか、ルーツ…)のドラミングを食い入るように見ていた。大好きなMITCHさんと一緒に演奏するため、西代師匠に特別にお願いして、最近このニューオリンズ系の叩き方を一生懸命練習している大我。あとは「実技」で体得していくのが一番!と今日のライブに臨んだのだ。「永田さん、めっちゃカッコイイ!!」とやたら感動していた大我も、練習の成果を存分に発揮していた。

 MITCHさんは、ご存知のとおり映画出演も果たすジャズ界の人気スター。サッチモを彷彿とさせる温かみのあるヴォーカルも迫力のトランペットもスインギーで素晴らしい。気さくな隣りのお兄ちゃん風なのに、聴衆を魅了する何か特別に輝くオーラがあって、みごとに弾き付けられる。ファンがすごく多いのも頷ける。(今日の大我はおしゃれなMITCHさんのファッションをまねして、ダボTシャツにキャップ!ふたり並んでると親子でストリートしてるみたいだった。)

 今日のベースはストリート初登場の西川サトシさん。西川さんもニューオリンズ系はあまりやらないとのことで、新鮮だな~!と何時になくにこにこ顔での演奏だった。
 ピアノ市川修さんは、いつものように「壊れかけ…」状態。でもそれが絶好調の印。まさにジ・エンターテイナーなのだ。
 演奏中、ふと我にかえった。コレは、ストリートでは考えられないほど豪華なメンバーではないか~!?!っと、湧き上がる幸福感に浸ったひと時だった。

 (大我に大好物のみたらし団子の差し入れを下さったお客様、本当にありがとうございました。HP見ていただいているとのお話大変励みになります。ますますがんばります。)

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/80-e2a62de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

番外編。焼き鳥「KANAZAWA」で河内音頭 «  | BLOG TOP |  » 12日ストリートライブのお知らせ

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する