fc2ブログ
topimage

2024-02

大阪のオバトラとアメチャン! - 2012.04.03 Tue

 凄いのを見た!!!

 大きなトラが、傘をさして疾走。

 大阪のトラる、いやいや、とある下町で。

 自転車です。

 前カゴを覆った、ひったくり防止カバー前面に、トラの顔が大きくプリントされてある。

 ハンドルカバーがトラ柄のトラ足型。

 うしろカゴのカバーもトラ柄でシッポまで付いてる。

 “さすべい”に差された傘もトラ柄。

 そんな大トラにまたがるのは、金髪に染めたパンチパーマのオバチャン。

 もちろん、全身トラ柄ルック。

 大阪トラディショナル。

 トラックストア、いやいやドラッグストアに急停車。

 サドルまでタイガース色。

 逃げ出すトラネコ、いやいやドラ猫。

 大量のアメチャンを購入した。

 誰かに電話している。

 トラしっぽ型ストラップ。

 もちろん、トラ柄デコレーション・フォン。

 「そうそうそう、そうやっといたら、なんでもウマイこといくねん、なんでもまかしときー」

 店前、小学生数名、捕まる。

 「にいちゃんたち、ほら、これやろ」

 アメチャン。

 「これも、どや」

 みかん。

 「マジックでこれにギザギザかいてみ」

 トラ柄みかん。

 数メートル、知り合い捕獲。

 「ほら、アメチャン」

 「もうなめてる?」

 「ほな、これがええな」

 都こんぶ。

 一通り終わり、鞄をトラれないように、ひったくり防止籠へ。

 ケンケンで男乗り。

 トラ柄が伸びきり、キリン柄に豹変したスパッツ。

 「通るで、通るで」

 年寄り子供を気遣う。

 「あぶないやんけ」

 大きな車に噛みつく。

 運転手の目と口が同じ形になる。

 関東の子供が遭遇してしまえばトラウマ。

 オバトラが疾走する。

 6~7分の出来事。

 写真を撮るのを忘れる?

 レンズを向けられなかった。


去年の秋の出来事。どうしても書きたくて・・・

あまりもの徹底ぶり。威風堂々。平和の象徴。男前!

誰の目も気にしないコーディネート術の伝染、他人の問題を一言で解決、誰かれ構わずアメチャンをあげる文化、このオバチャンの先祖が始めたに違いない。

ヒョウ柄はいつでもどこでも出会えますが、全身トラ柄って、この大阪国でもなかなか出合えないんです。

ある調査で、大阪人の鞄の中にアメチャンを持っている確率84%
オバチャンに限っては100%近いかも。

自分のイガイガした喉を潤し、持ち運び便利で最高のコミュニケーションツール。

色んな種類のアメチャンを、アメチャン専用の手作りポシェットに入れ持ち歩くのがトレンド。
誰とでも友達になれて、ポシェット自慢ができる。
季節によっては、みかん・天津甘栗etc.

アメチャン・・・“チャン”を付け呼ぶのは敵意のない証拠。

「あめ、やろか?」ではダメなんです。 「あめ、ちょーだい」も。ちゃんと“チャン”をつけて。

ちなみに、京都では“さん”。
“アメさん”“お揚げさん”“お稲荷さん”“お豆さん”“おかゆさん”など。


アメチャン持ち歩き文化だけでは留まらなかった……眼が合えば差しだす。
大阪国以外から入国される方々に忠告いたします。
「いや、結構です」といっても無理。
「こっちがええのんか?」
「え?ほんまに…どれがええの?」
挙句の果てには、「もーええ、ぜーんぶもっていき!」ってな具合になりますので、最初のお声かけに反応しましょう!
天津甘栗ですよ!
「結構です」って言うもんなら、「こうやって剥くねん。なんやっ、へたやな~、かしてみー、剥いたろ!」となります。
そんな時、間違っても「○○まで行くのにはどうすればいいでしょう?」なんて質問は禁句。
ゴールまで付いて来てきます。


UHA味覚糖・扇雀飴本舗・ノーベル製菓・黄金糖・パイン製菓・コリス・トップ製菓・豊下製菓・・・・・・
ぜーんぶ大阪の企業です。
強くて甘い、大阪のオバチャンでもってる会社です。


 

 
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/764-16a8d3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ初公開、京都のジャズの家! «  | BLOG TOP |  » 日野皓正&大我

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する