fc2ブログ
topimage

2024-02

北京見聞録・門と長城! - 2011.01.30 Sun

 北京!といえばココでしょ!天安門!
日の出に訪れるのが一番良いと言われましたが、この寒さでは……遠慮しました。
案内役はRYUさんの後輩で、北京精華大学の学生さんのJIEさん。
運転手はSOHU社長さんの会社役員のGOさん。滞在中の移動で大我に何かあってはいけない!と全移動を社用車で。
「地下鉄にもバスにもタクシーにも、自分達で乗ってみたいのですが・・・」「イヤイヤ、何かあっては困ります!」と、お言葉に甘える事に。有難い事です!
天安門
 紫禁城の正門である天安門。前面の道路は12車線の広~い(航空機が離発着できます)幹線。
しかし、バス意外駐停車禁止の為、遠~くで車から降り歩いて正門まで。
正門から南側に広がるのが、あの天安門広場。大我に歴史を教えなくてはいけません。

天安門3
 天安門を北にくぐり抜けると故宮博物院まで広大な庭園が広がります。

天安門4
 後ろに見えるのが故宮の正門である午門。
そこからはセキュリティーチェックがあり、神武門まで中国の宝物がどっさり!

前門
 正陽門(通称:前門)
ココから南に下る商店街は非常に綺麗に開発されていますが、一歩裏路地に入った商店街の方が中国らしい風情でGoodです!海外旅行者用と、国内旅行者用って感じ?です。

北京の街角
 故宮博物院を東へ。北京一の繁華街、“王府井”。
様々な海外ブランドの店が立ち並び、賑やかでした。途中、中国楽器の専門店を見つけたので、チャイナシンバルを試打しましたが、音色が気に入らず断念。とっても安かったのですが……

北京の街角2
 コレがかの有名なゲテモノ(食べ物)が売っている”王府井小吃街”の入り口。ワクワク!(後日アップします)

 翌日、GOさんとJIEさんが朝早く迎えに来て下さり、念願の万里の長城へ。
“長城に到らずば好漢にあらず”「長城に行かずして、いい男に成れようか」と、1935年に毛沢東が詠んだ句。 
万里の長城2
 山々の尾根から尾根へと緩やかな「女坂」、急勾配の「男坂」が永遠に続く長城。
寒さ対策は万全!と思っていたのですが、靴下を2枚履いてくれば良かったと後悔。
風速20mはありそうな長城は、体感温度マイナス25度を軽く下回ってる感じです!
耳と鼻と足の親指がちぎれそうに痛い痛い!鼻水が凍る勢い!目を開けれない!

万里の長城4
 急な所では45度位の急勾配。空気が冷た過ぎて・・・酸素が薄い様な感じで・・・肺が苦しい!
吐いた真っ白な息がパリパリと音を立て地面に振り落ちる・・・マンガに描けそうな感じです。
大人達が苦しんでいるのをよそ眼に、大我は階段を何度も往復しながら走り回ってました。流石、サッカーとマラソンをやってるだけはある!

万里の長城
 北八楼に到着。
6000㎞に及ぶ大城壁。出来あがったこの長城を少し歩くだけでも本当に大変なのに……よくもまぁ、作り上げたもんです!
ドラムが違う、リハーサルが無い、音がハウってる、なんて事を気にしないのが解かるような……?

 市内に戻るとマイナス13度。温かいと感じます!
ホテルで
 途中から水に変わるシャワーを浴びて、CCTVのスポーツチャンネルを楽しむ大我です。
シャワーが水に変わる??? ホテルに文句を言いませんでした。大陸精神のDNAを持つスタッフに言っても、鼻で笑われそうですから・・・(笑!)


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/660-2f9e29ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北京見聞録・屋台散策。 «  | BLOG TOP |  » 北京見聞録・ご馳走になりました!好吃!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する