fc2ブログ
topimage

2024-04

Benny Green with Tiger Onitsuka @ Grand Marble - 2010.10.30 Sat

It had been about several months since the last time Tiger saw one and only pianist Benny Green. Benny is in Japan touring with the great guitarist Satoshi Inoue.
He and Tiger hugged each other like real brothers.
Benny was as always in high spirit and talked about his love and dedications to the music. It is always impressive how deep he loves jazz.
He gave Tiger the information about his recording sessions coming up within a few weeks with wonderful musicians. He said that it had been 16 years ever since he had recorded his leader album. He seemed really excited. Tiger can’t wait to hear the music by those musicians he really likes.
Benny hugged goodbye, saying “Tiger, your talent is unlimited and you give me a lot of inspirations. Remember I am always ready to play with you anytime anywhere! I can’t wait for the next opportunity”

Benny.jpg

 大我のジャズフレンドで、世界のジャズシーンで最も忙しいピアニストのベニーちゃんと、楽しいひと時を過ごしてきました。
ツアー中のベニーちゃんと電話連絡を取りつつ、大我のお気に入りのお店『グラン・マーブル』で待ち合わせ。
「トッテモ、アイタカッタヨ!タイガ~!」って、いつものラヴラヴ・ビッグハグ!
西海岸、東海岸の最新ニュースや、ベニーちゃんのママやフィアンセの近況報告で盛り上がり、大我の近況報告(ケニー・ワシントンさんにも報告した音楽のテストの件)で大笑い!
「大我、大丈夫ダヨ!ボクは音楽の学校にいってないけどピアノが弾ける。大我もすでに音楽ができてる。学校の音楽の先生でも、試験はOKでも実技がNGな人は沢山いるからネ・・・」って、慰めてくれてました(笑)
そしてまたまた、「ケニー・ワシントンのジャズクレイジーさには負けるけど・・・大我には僕が知ってる限りの情報の全てを教えてあげたいんダ!」と惜しげもなく、今まで実際に体験してきたアート・ブレイキーなど、ジャズ界の巨匠達から学んだ真のジャズを大我に伝えてくれました。
「大我には限りない才能がある。いつもいっぱいインスピレーションを受けるんだ。だから、次に一緒に演奏する機会が待ち切れないよ。いつでもどこでも一緒に演奏する準備はできているから、そのこと、絶対覚えといてよ!」と熱く熱くラブラブ光線を発しながら語ってくれます。
そんなベニーちゃんの姿を見て大我が一言、「あ~、英会話勉強せなあかん!」

 「ジーツーとミッチャンは元気?前に長~い英文メールが来てたけど・・・ゴキゲンにしてる?!」「デミーは?」と、みんなの事を気に掛けてくれる優しいベニーちゃん。
この後、ベニーちゃんがデミヤンにイタ電。シドロモドロのデミヤン!「ヤッバイ!まさかベニーさんから電話があるなんて思ってなかったっス!」

 本当に忙しく世界を駆け巡るベニーちゃん。世界中のミュージシャンからレコーディングメンバーとしてもオファーが殺到。そんなこんなで、自身の作品造りがず~と後回しに。しか~し!来年早々、ベニーちゃんは16年ぶりとなるリーダーアルバムのレコーディングが決定。
その意気込みを目を輝かせて語ってました! とっても楽しみ~!

Grand Marble
 大我の大好きなマーブル・デニッシュ。
チョコ・チーズ味とイチゴ味がとってもお気に入り!
最近、ナゼかよく「グラン・マーブル」のマーブルデニッシュの問い合わせが大我のメールに届きます。
オンライン・ショッピングがありますので、コチラまでどうぞ!
スポンサーサイト



● COMMENT ●

Masato様 コメントありがとうございます。
クラッシックには音楽の原点がいっぱい詰まっていて、アレンジの素材としてとても勉強になります。
世界各国の民謡や日本の童謡などの音階をアレンジするのも何か新鮮です。
そんな色んな音楽の音を自由に楽しむ事ができるジャズ。ジャズを通して原点を聴きなおす作業がとても楽しいと思ってます。
来年はパリを含め、ヨーロッパツアーも企画しておりますので、会えるといいですネ!

いつも楽しく拝読しています。
僕はクラシックピアノ一筋ですが、
昨年の冬帰国した時に、アルバム
A Time in Ney Yorkの中の
“Dear Mr.B”を聴いて、Jazzの
器の大きさを実感しました。あんな
ガチガチのクラシック曲が、これほど自由奔放に表現できる。それがJazzの醍醐味なのでしょう。
いつか、ジャンルの垣根を越えて、大我君と共演できることを願っています。Parisの空の下より。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/624-f7968cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一糸乱れず・・・・ «  | BLOG TOP |  » 大我trio @B-Roxy

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する