fc2ブログ
topimage

2024-04

TBB 北陸ツアー 2010! - 2010.04.19 Mon

 西日本ツアーから戻りましたが、在宅時間は約一日半。洗濯、クリーニング、野菜タップリの食事作りと大忙し。
すぐにビタミン補給をしなくてはいけません。シャンシャン茶屋さんに頂いたお土産”日向夏 ”を体に浸みこませました。
大我は食事以外の時間は爆睡タイム。在宅36時間中27時間、と~ってもよく寝ました。
「ア~よー寝た!気分爽快や~!明日から旨い米と魚を食うゾ~!」とリセット。「今日から北陸ツアーだー!」と元気よく出発しました。

 初日は二度目の出演となる、福井『Hiding Place』
とってもお洒落なお店。マスターに「今回もよろしくお願いします!」とご挨拶。
北陸Hiding place
 今日からはアルト・ソプラノ・フルートを操る松井コウキが東京から参戦!(気合い入ってるはず…!)
松井(マサイ)君は東京発のバスに午前8時頃乗車し、金沢から特急列車に乗って福井入りする予定で、駅前のホテルに16:30頃入り皆と合流する段取りをしてました。
大我達は春休み渋滞を恐れ早く出発したので15:00頃福井駅前に到着。「大我、ちょうど今頃マサイは金沢に到着した頃やな~」と言った瞬間、「あのニット帽かぶってんのマサイちゃうの?」と大我。
福井駅前の建物をキョロキョロと見上げ、何かの目標物を探してる様子の楽器ケースを肩に掛けた若者を発見。
「ナッ、ナヌー!!??」・・・ま、まさに!マ、マサイじゃあ~りませんか!?
「ナンデこの時間にココにおんの?」と尋ねると、「寝坊してバスに乗り遅れ、慌てて新幹線に飛び乗り米原まで行き、そこから特急列車で福井入りしたんです・・・」と。結果、マサイも早く着いたので問題は無かったのですが・・・気合入が裏目にでたのか?・・・

 とにかく、マサイのおかげ?でお店に早く入る事ができ、リハーサルは充実。20位の曲をラインナップできました。 
そして、会場にはまたまた沢山のお客さんが!「来てくれるのを楽しみに待ってたよ~!」と、舞台に立った瞬間から拍手の嵐!
おじさま達もおばさま達も笑顔で体を揺らします。会場内の空気が益々TBBの潤滑油となり、楽しく、幸せ感一杯のライヴとなりました!(久しぶりの「アフロ・ブルー」では、おばさま達は立ちあがり、涙してました。マサイも頑張りましたヨ!)
北陸Hiding place打ち上げ
 そして、打ち上げ~!(中央右手、ハットをかぶって髭がお洒落なマスター。オットコまえ~!)
今回も福井在住で御歳80歳のS氏のご尽力により、福井の美味しい魚を腹一杯ご馳走になりました!
あ~美味しかった!そして、有難うございました!


北陸釣り
 翌日、第4回TBB釣り大会~!
と、楽しそうな笑顔の大我ですが・・・大我の釣り竿が今までのと違うでしょっ!?
誰かのおかげで、違う種類の釣り竿を現地で購入する事となったからです。
 昨夜の楽しい楽しい打ち上げ中、福井のS氏が「大我君、明日はOFFだね!?何するの?」と質問され、「ハイ!明日は富山で釣りをしま~す!」と嬉しそ~に答えていましたが、その横で一人、急に顔色が悪くなっていく者が一人。
「ゴ・ゴ・ゴ・グォメンヌァサイ!!!ツ・ツ・釣り竿持ってきませんでした!!!」全員唖然!
デ・デ・出たぁ~!!!デミヤン病!!!
九州での釣り大会後、皆の釣り竿を預かり、持って帰っていたデミヤン。やってくれました!
北陸釣り獲物
 ジーツーも釣り竿を購入するハメに・・・大会ですから・・・
今晩は大我の友達で、富山の発明王の良太君と前回連れて行ってもらったお店で食事する予定だったので、釣った魚を餌に飲めるぞ~と意気込んだのですが、集中力が持続しません。
 釣り竿の一件があったのかも知れませんが、この日は高校野球の決勝戦。沖縄が気になります!みごと優勝し、なんだか嬉しい気分。沖縄とか離島の人たちが頑張るとなんだか元気をもらえる気持ちになるのは何故なんだろう・・・?今年、アメリカNFL決勝でニューオリンズセインツが優勝!大我も自宅に有るセインツグッズを引っ張り出し、必死に応援してました!その時も何か熱い中に穏やかな嬉しさが込み上げる”何か ”がありました。
 さて、釣り大会は?っていうと、集中してないからか、時間帯が悪いのか?釣果はこれ位のが3匹だけ。引き分け!あまりにもチッチャかったので、リリースしてきました。
北陸良太君と
 良太君と富山名物の良太母。
(パッツンパッツンの太ももで正座する天然素材・デミヤン!反省してる様に見せかける笑顔がGoodです!)
 旬のホタル烏賊を色んなバーッジョンで!昨日から解禁になった白エビの昆布〆と、かき揚げ!(←とにかく、これが最高に旨い!)と、新鮮な魚介類がてんこ盛り、そしてオモロイ話もてんこ盛り!その一部↓をどうぞ!

 【良太君のお母さんはとってもオチャメ!】
この日釣りを終え、富山駅から北へ車で10分位の所にあるホテルにチェックイン。良太君親子とは18:00にホテルで待ち合わせ。最初、お母さんとの電話のやりとりでは、「直接お店で待ち合わせしましょうか?」という事でしたが、「そのホテルだったら通り道なので迎えに行きますよ!」…と。「そうですね、合計7名になるのでタクシーで来ていただいたら分乗してお店に向かいましょう。」と決まり、17:50頃からホテルのロビーで待っていました。
 が・・・18:15になっても現れない。もう一台タクシーを呼んでおかないと、合流してから呼んでいては15分位かかるとホテルのフロントに聴いていたので、「お母さん、今どの辺りですか?もう一台タクシーを呼んでおきますので」と電話したところ、「あのね、ホテル間違えたみたい。」と…?そして、「ここからどれくらいで着くが?」と誰か(タクシーの運チャン?)に尋ねている様子。「あのね、あと10分ぐらいで着くから、待っててくれんが?」…と。「ハイ、わかりました。お待ちしています。」
18:25、こちらで呼んだタクシーが到着。外は非常に寒く、タクシーの運チャンに「タクシーの中で待たして下さい」とジーツー・デミヤン・マサイが待機。大我と大我パパは、良太君達が来たらすぐそのタクシーに乗り込まなくては…と外で待機。今か今かと、ホテルの前を走るタクシーを目で追いかけますが、なかなか来ません。
18:40。どの方向から来るのか分からない。ホテルの右側が車の進入路。集中してタクシーが来ないかどうかを気に掛ける。
と…その時、左側で待機していたジーツー達全員がタクシーから降りてきて、なにやら騒いでる・・・
「ん…?」良く見ると、良太君親子が居るではないですか!?
次の瞬間、大我と大我パパは固まってしまいました!「ウッソォーーーー!?じ・じ・じ・自・転・車ァー!!!!!???」
=自転車2台で登場!=
色んな事が頭の中をよぎったとの事。(家からここまでの距離。それも違うホテルに寄り道。もっと恐ろしいのが・・・ジーツー達はタクシー、ま・ま・まさか!?分乗って…?良太君親子と大我親子は自転車2ケツでお店まで・・・?)
「す・す・直ぐ、もう一台タクシー呼ばないと!お・お・お母さんッ!?」と叫ぶ大我パパの横を全速力で走り抜けるお母さん!
「ど・ど・何処行くんですか~!?」と大我パパが後を追う!
ハァハァと息を切らせながら「私らの自転車は何処へ置けばええが?」とホテルフロントで叫ぶお母さん!
 どうです!?富山で吉本新喜劇体験!全員「やられた~!」と悔しがってました。お母さん、オチャメでしょ!?

 今日はお昼からのライヴ。ホテルを少し早めに出発し新潟は長岡市へ。快晴の北陸道を北へ。車が少なく、快調です!
北陸の山
 最高の景色!富山インターから立山、魚津へとを走らせる途中、右手と前方に奥大日岳・剣岳・毛勝岳など2000メートル超級の山脈が続きます。気分爽快!

 『クックテールくぼた』
こちらも2度目の出演。とっても優しいマスターとスタッフのイソベッチがお出迎え!
前回の打ち上げで、「あ・い・う・え・お作文」を宿題としていたのですが、「今回は違うのを挑戦してもらうよ!」と挑発!目つきが変わるイソベッチ!戦闘モードでお店の準備をしてました。
北陸クックテールくぼた
 前回に引き続いてのお客さんと、噂を聞きつけた新規のお客さんが、広い店内を埋め尽くします。
前回と全く違うラインナップで観客を魅了!最後の曲では、大我のスティックが折れ、客席前に飛んで行くほどの怒涛のプレイ!勿論、アンコールの手拍子が鳴りやみません!
 終了後、最前列にいた女子中学生が、大我の折れたクティックの破片を持ってきて「コレ!もらってもイイですか?・・・できたらサインもクダサイ!」と。女子に話しかけると照れる大我。二人のやりとりがとってもキュートでしたよ!
 そして、打ち上げ~!通常は深夜まで営業されている『クックテールくぼた』さんですが、本日は19時閉店。
会場は宿泊先ホテル内の中国料理店。ライブを聞きに来てくれていた一人のお客さんが、このホテルのスタッフで大のジャズファンとの事。で、この会場に決まったとのことでした。
20時からの予定で会場に行ってみると、なんだか雰囲気が・・・・おとなしい・・・・他の食事中のお客さん、静か・・・・
マスターとイソベッチが、こちらの関西乗りテンションを抑え込み、自分達のペースに持ち込もうと企てたのか?
料理もコースで出てきます。料理長もご挨拶にきます。襟を正し食事しなくては!?
 しか~し!そんな企てであろうが、関係ありません!関西人は怯みません!
始まりました~!「物ボケ!ゲーム!」
テーブル上に有る色んな物を使い、ボケたおしていくというゲーム。早い者勝ちで先に物品を選び、順番にボケていく。勝ち負けはないのですが、ボケがショームないと全員にツッコまれ、白い目で見られるのです。
21時頃には、他のお客さんもいなくなり、益々ヒートアップ!ホテルスタッフも巻き込んでいきます!
マスターはアルコールがある程度入らないとエンジンがかかりません。「パス」を2回も出してしまいましたが、イソベッチとその部下が一生懸命がんばりました。
最後は「もうそろそろお引き取りを・・・」という店内の雰囲気。ホンマ!関西人はクドイです!
スミマセンでした!そして、ご馳走様でした!

 余談・・・ここの中国料理、ホント美味しいのですが、3品目を食べ終えた頃、大我にだけ[上にぎり盛り合わせ]がでてきました。・・・・何故?
「大我君のMCを聞いて、『しまったー!今日は中華料理だ。どうしよう・・・焦ったー!』と、演奏中ずーっと気になっていたので、ホテルに頼んでおいたのですよ!」と、マスターの弁。
その大我のMC内容とは…「せっかく新潟まで来たので、今日は美味しいお魚や、お寿司をいっぱい食べたいと思います!」でした。
「マスター!有難うございました!」 

 テンションが上がったままのメンバーは部屋に戻り、『麻雀大会!』
ジーツー先生優勝!大我は悔し涙を流していました。最後の最後にデミヤンに負けたから・・・

 翌日、ゆっくりホテルをチェックアウト。4時間かけて北陸道を南下し金沢市へ。
今回、富山ではライヴがなかったので、わざわざ泊まりがけで良太君親子が金沢まで来てくれました。
=自転車2台で=   そういえば、途中この二人を追い抜いた様な気が…ウソですよ!
北陸良太君と鉄板
 リハーサル終了後、「富山へ来た時はいつも行くお店」という良太君親子御用達のお店で前打ち上げ!
何を食べてるかわかりますか?・・・『もんじゃ』です。
何故、金沢で『もんじゃ』なのかは聞き出せないままのメンバーでしたが、デミヤンと、東京在住であっても初体験のマサイは喜んで『もんじゃ』作りを楽しんでました。
「金沢特有のもんじゃがあるのでは・・・?」と期待してましたが、なんのオチもありませんでした!スミマセン!お母さんのペースにまんまとハマッてしまいました!

 金沢『もっきりや』ここのオーナーもホント、いつも温かく迎えてくれます!
北陸もっきりや2
本番では良太君が一日で作った作品のサプライズプレゼント(ドラムの模型で、小さなスティックでそれを叩くとドラムが色んな色に光る)が有ったり、マサイのソプラノが急に鳴らなくなるハプニングがあったり・・・と。
お客さんは少々少なめでしたが、大いに盛り上がりました!
「学生料金を設けても学生が来ないんだよね~。特に大学生が・・・ジャズを志してるのが多いのに・・・」とオーナー。
「大我君、今度は一人で来て!そして、ここの大学生達とセッションして、ガツンと音楽してくれない?」と。
聞く耳を持つ謙虚さと、聞く姿勢、飛び込むチャレンジ精神・・・・それらを伝えたいというもどかしさが伝わってきました。    同感です。
 無事、今回のツアーが終了し、帰路につきました。お世話くださった皆さん、ありがとうございました!

 PS:大我は無事、6年生になれました!

 
以下、お礼文をお預かりしましたので、添付します。

 ≪TBB活動、本当に今回が最終となりました。色々な所で、様々な方々と出会い、沢山の笑顔をいただきました。
こちらの思いを届けに行くという一生懸命頑張ってきた活動の中、少しでも皆さまの記憶に刻み込まれたのではないかと思っております。
今までTBBを支えて下さったみなさん、そしてTBBファンの皆さん、有難うございました。
このバンドに携わったメンバーになり替わり、熱く御礼申し上げます。
またこのバンドでお会いできるよう、個々精進いたしますので、これからも応援よろしくお願いいたします。≫

                    TBBプロデューサー Onitsuka
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/581-9fcaa5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ZⅡまつり! «  | BLOG TOP |  » TBBツアー 番外編 宮崎日南

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する