FC2ブログ
topimage

2019-10

歓喜のBLUE!そしてマジBLUE… - 2008.09.12 Fri

 ニューヨークシティという街にはいろんな見どころがあります。自由の女神…、エンパイアステートビル、タイムズスクエア…。そして体感できる選べる名物がブロードウェイ・ミュージカルです。
 「42nd Street」「オペラ座の怪人」「CHICAGO」などの超ロングランから近年の大ヒット「Lion King」「Mamma Mia」など目移りするラインナップのメジャー作品があり大人気ですが、比較的小規模の劇場で行われるオフブロードウェイ作品もブロードウェイに負けない人気です。大我もよい席を取るために1週間前にチケットをゲット(おかげで中央前から3列目!)して、今回初めてオフブロードウェイのロングラン作品「Blue Man Group」を観てきました。
blueman

 登場人物は文字通り真っ青な顔をした3人のブルーマン。セリフを一言も発しないこのわずか3人が音楽と演技、表情、計算されつくした小道具のみで奇想天外な世界を創造し、観客を巻き込んで抱腹絶倒のアーティスティックな舞台を見せてくれました。人気作品でヨーロッパをはじめ日本でも公演しているそうです。
 ドラムを使ったパフォーマンスもあり一気に惹きつけられ、吉本新喜劇好きの大我もブルーマン達のセンスのよい巧みな演技に大爆笑していました。これから見る方のお楽しみを奪ってしまうのであえて内容には深く触れませんが、英語が分からなくてもほぼ全編、老若男女が楽しめる観客参加型のパフォーマンスでした。通路の横に座っていた大我パパもブルーマンの一人に奪取され大我はビビリました。が、さすがは関西人!ひるまず迫真のアドリブで対応する大我パパ!大いにショーを盛り上げることに貢献していました。

 しかし、事件が・・・
 (以下、ネタばれ注意!)
 最後にロールペーパーが会場のあっちこちから降ってきて客席はペーパーの海に!そのペーパーが後方の席から前方へとどんどん送られてくるもんだから、前から3列目に座っていた大我はペーパーの山に完全に埋もれてしまいました。大我はその尋常でない考えられない状況に超ハイになってしまい、息も出来ないほど大口開けて大笑いしていました。
 すると・・・・・・・!なんとペーパーが大我の抜けかけのグラグラ歯に巻きついてすぽんと抜けちゃったのです!!!!大我、あまりに唐突な事件に唖然・・・歯茎から流血してしまい今度は超ブルーになってしまいました。
 さすが「ブルーマン」(さぶ…

 終演後、気を取り直してブルーマンと写真!
With a BlueMan
 1公演で登場するブルーマンは3人ですが、パンフレットのキャストのところには12人もブルーマンとしてクレジットされていました。この12人で全世界のブルーマン公演をまかなっているようです。このショーは、3人の若者が路上で行っていたストリートパフォーマンスが原点だそうで、元祖の3人もプロデューサー兼キャストでクレジットされていました。

BlueManBand
 黒子ならぬ黒バンドが生演奏でショーを盛り上げていました。
 左がドラマーさん、右がギタリストさん
スポンサーサイト



● COMMENT ●

正反対やなぁ~

うわぁ~
めっちゃブルーやわぁ。。

歯ぬけっちゃってんなぁ!
しかも、ロールペーパーでって・・・
大我クンだけ、ブルーマンの青と血の赤っていう反対の色みててんなぁ~
ちょっと想像してたら、なんか変かも(笑)

レポ、面白いですね。

N.Y.レポート、とても楽しく読ませて頂いています。

大きくとらえると、これからの日本人はどう生きていけば
よいのだろう、ということを、私はわりと真剣に考え、
友だちとも酒場とかで話をしています。

大我くん(&ご家族)の生き方は、JAZZの世界に留まらず、
実に貴重なヒントを示してくれているように思います。
またお会いしましょう。どうぞお元気で。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/479-8c1912a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハドソン河畔の休日 «  | BLOG TOP |  » ついにやってきましたヤンキースタジアム!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する