FC2ブログ
topimage

2019-10

TAIGA & The Demon's Eyes@FIVE PENNIES - 2005.08.06 Sat

 8月5日、6日、長野県岡谷市の「FIVE PENNIES」にて大我のバンドTAIGA & The Demon's Eyesの2デイズ。このバンドは大我とピアニスト辻佳孝さんのユニットで、今回は関西ジャス界で引っ張りだこの2人、サックスの高橋知道さん、ベースの坂崎拓也さんを迎えてのライブツアーである。
 初めてお邪魔する「FIVE PENNIES」は、円筒形の建物でモダンアート的な素敵な空間だった。中には大我のことをニュース番組などで見た事があるという人もいたが、お客さんのほとんどが大我の演奏を聴いた事がない。おそらく、半信半疑だったと思うが、ひとたびライブが始まると皆大我バンドの世界に引き込まれ、お客さんも一体になって熱気溢れるライブとなった。大我の演奏は、テクニックの世界では表現し得ない不思議な魅力に溢れているとのうれしい感想をいただいた。ストリートでもちょくちょくあることだが、今回も涙を流している人までいた。
 自らがサックス奏者でもあるFIVE PENNIESのマスターも、「体が震えてきたよ。ホント天才だね。」と言って下さった。
 3ステージ目のジャムセッションも大いに盛り上がった。マスターやお客さんの飛び入りもあったが、メンバーが順番にドラムを叩いたりして大爆笑の楽しい楽しいひと時になった。
 長野の美味しい空気と楽しいライブ。思い出深い2デイズとなった。
スポンサーサイト



● COMMENT ●

岡谷のライブ楽しかったです。初めてのJAZZライブが大我のライブとは、何かのご縁ですね。
長野は本当に空気がきれいで人もあったかくていつ行ってもいい思い出がいっぱいです。
今回もいい思い出ができました。また、5ペニーズでもやりたいと思っていますので、ぜひまたお会いしましょう。
大我も日々成長していますのでお楽しみに。

はじめまして、私は家が近いのでたまたまフラリとお店に行って偶然ライヴをみさせていただきました。岡谷市民です。
音楽は大好きですが、JAZZをまとも聞くのは初めてで、それがTAIGA君でよかったです。
私が7歳の頃といえば私は木登りや山遊びしていた位しか記憶にないんですが(^^;
あの小さな体から生みだされる音の豊かさとパワーに圧倒されました。
専門的なことはサッパリわかりませんが、聞いたあと「私もがんばろー」と思うような何かパワーをもらえました。
ありがとう。これからのご活躍も期待してます。田舎町ですが、またぜひ来て下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/41-8ef2783f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MASAクンと「お別れ」ストリート «  | BLOG TOP |  » 渡辺裕之さんとドラム対決!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する