FC2ブログ
topimage

2021-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川修のジャズスピリット - 2008.01.31 Thu

 大我が大好きだった「修パパ」こと市川修さんが「あちら」へお引越しされて早2年。ご命日の31日、修さんとご縁の深い老舗ライブハウスRAGにて、ゆかりのミュージシャンや多くのお弟子さんやご友人が集まって陽気な追悼ライブ「RESPECT市川修 vol.2」が開催された。

 1ステ目は、大我Tiger & The Silverbacks市川芳枝vo ミキトシヒコas,ss 木村知之b 辻佳孝p)。
2ステ目はトランペットとヴォーカルのMITCHさん率いるMITCH ALL STARS清水興b, 中嶋徹p, 武井努ts, 永田充康ds)。共に修さんと活動してきたバンドだ。修さんを偲んで、それぞれゆかりの曲をにぎやかに晴れやかに会場一体となって演奏した。

RESPECT市川修

 大我たちは、修さんの快作「The Funky Drummer」や芳枝さんのヴォーカルを交えての名曲「Father’s Song」などを演奏。
Taiga&TheSilverbacks

 昨年、修スピリット溢れる熱血スキャットで会場を盛り上げたベーシスト木村さんだが、今年も超絶シャウトが大炸裂して会場騒然!大いに盛り上がる。いつも寡黙(そう)な木村さんのコレが聴けるのはこの日だけかも!(木村さんは、実はBBのベーシスト権上さんの師匠。権上さんがコレ聴いたらひっくり返るかも…)

 ニューオリンズジャズが中心のMITCHバンドでは、修さんを葬送したゴスペル曲「I’ll Fry Away」で会場のテンションは最高潮に!だって会場は、実際に2年前にこの曲で棺を揺らし、歌い踊り、泣いて笑って修さんを送った仲間たちで一杯だったから。芳枝さんも「コレは修ちゃんの曲やなあ!」と感慨深げだった。
MITCH ALL STARS

 3ステ目では、修さんの弟子軍団を交えて陽気なジャムセッションが展開。ラストは、芳枝さんのヴォーカルを中心に2バンド全員で「What A Wonderful World」で大団円。
RESPECT市川修JAM

 懐かしい面々が集まり、まるで「市川組同窓会」さながらとなる1月31日のRAG。来年のこの日もまた陽気な修スピリットが集う。

 大我がとても大切に思っている修さんのジャズスピリット。それをじっくり確認した暖かなひと時だった。
 修さんはいつもみんなを見守ってくれている。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/402-1da2b48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Happy Valentine's Day! «  | BLOG TOP |  » 9歳のジャズ

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。