fc2ブログ
topimage

2024-04

「じーつー」6周年おめでとう! - 2007.06.30 Sat

「じーつー」ことピアニスト辻佳孝さんの「芸能生活6周年記念ライブ」に遊びに行った。毎年恒例のこの企画、今年のラインナップはアルトサックスの三木俊彦さん、ベースの三原脩さん、そしてド迫力ドラマー東原力哉さんという濃ゆ~いメンバー。満員のお客様で熱いライブは大盛況。大我も1曲参加した。
 辻さんは、クラシックの基礎に裏打ちされた高度なテクニックとダイナミックで情熱的な表現が魅力の若きホープ。聴衆の心を一瞬にして掴む華のある演奏で人気があり、ちっちゃな女の子から相当ご年配の方までファン層も厚い。
 大我の今までのライブやコンサートを時間で考えると、大我が最も長くステージをともにしてきたのは間違いなく辻さんだ。実は、大我が演奏を始めるずっと前、まだ2、3歳の頃からのお付き合い。よく遊んでもらっていたが、オムツがやっととれたばっかのあの悪戯なおチビと自分が数年後に共演することになるとは、多分辻さんは夢にも思わなかっただろうけど…。
 大我が初めてセッションでロリンズの「St. Thomas」に挑戦したのがまだ幼稚園児の頃。その時に暖かくサポートして下さったのも辻さん。あの日から今日まで真剣に大我を支えてきて下さった。最初は半信半疑だったと思うが、ライブを重ねるうちに、常に前進し発展していくよう色んな課題やアイデアを出して一緒に取り組んで来た。
名コンビじーつー&大我
大我がドラムを始めた頃の「じーつー」と2ショット

 今や大我と辻さんは、まさにあ・うんの呼吸!見事に息ぴったりなので大我のファンの中には「ピアノが辻さんの時は絶対教えてください!」という方もいるのだ。
 「信頼の音楽」ジャズ。そして「会話」することが何より重要なエッセンスであるジャズを演奏するうえで、信頼できる仲間がいることは何にも代え難い。お互いに「そう来たか?じゃこれでどうだ~?」と会話が弾む。大我は、辻さんをはじめとする信頼できるミュージシャンとの楽しく時にスリリングな会話の実践から、ジャズのボキャブラリーや臨機応変な受け答えの妙を吸収し身に付けた。
 これからもますます刺激しあう仲間として「信頼の音楽JAZZ」を一緒に楽しんで追求して行きたい。

 秋に向けて大我は新しいユニットを企画中。常に一段上の表現を目指して、チャレンジし、発見し、進化し、そして創造する。お互いを刺激し、その姿勢を保ち続けられる仲間と…。大我にはやっぱピアノは「じーつー」以外考えられないのだ。

大我「じーつー先輩!おめでとう!これからもよろしくね~!また、お泊りもさせてね~!」
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/330-7d4c0e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Get well soon, Othello! «  | BLOG TOP |  » ジャズとは・・・

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する