fc2ブログ
topimage

2024-04

発想力。行動力。そして情熱 - 2007.06.28 Thu

 ジャズミュージシャンは誰しももっとたくさんの人にジャズを聴いてほしい、ジャズを好きになってほしいと思っているはず。ジャズの裾野を広めるためのいろいろな活動に地道に取り組むミュージシャンも多い。
 トランペッターの日野皓正さんは中学生のジャズオーケストラを結成し多忙を極めるスケジュールの合間を縫うように指導に当たっておられる。ベーシスト井野信義さんもベーシストキャンプを毎年開催し後進の育成に心血を注いでおられる。私財を投じて「本物」にこだわり本場NYからミュージシャンを招聘し続けておられるベーシスト西山満さん。ベテラン陣による損得抜きのジャズを愛するが故の活動だ。
 しかしジャズミュージシャンを取り巻く環境は厳しく、若いミュージシャンにとってこういったことを実行するのは時間的金銭的な面で難しい。時間や労力を惜しんでいるわけでは決してなく、チャンスやきっかけがなく、第一ノウハウすらない・・・というのがたぶん現状なのだろう。仕方ないと言わざるを得ないのかもしれない。

  常々そういうことを思っていたところ、最近ある人に大変深い感銘を受け、目から鱗が落ちた。ジャズとはまったく関係ない世界の人だが、自分が情熱を注ぐことを一人でも多くの人に見せ、楽しんでもらうため、自らチャンスを積極的に生み、惜しみない努力をしている人がいる。
 為末大さん。日本を代表するアスリート、400Mハードルのメダリストだ。
 彼は、自ら投資の研究をして資金を生み出し、自らスポンサーを発掘し、自らプロモーションに奔走し、自ら競技会をプロデュースし、そして、最高峰のメダルを目指して自ら走る…。
 「人生をかけて臨んだ日本選手権。しかし、観客がいなかった。落ち込んだ」
 そうきっかけを語っておられた。競技者は競技に専念し、与えられた場で力を発揮すればそれでいい・・・という受身の枠から一歩踏み出したのだ。誰かがやってくれるのを待ってはいられない。自分でやるのだと。
 これは、発想力や行動力といった面で彼に類まれな才能があり、またそれをバックアップできる抜群の知名度があるからこそ成し得ることなのだろうが、やっぱり人知れず大きなプレッシャーと戦い、相当の努力をされているのだと思う。心から拍手を送りたい。
 人間、発想力と行動力でここまでできるものなのだなあ…
 もうすぐ始まる世界陸上。為末さんの活躍を応援したい。

 さて、一大構想が進む「京都JAZZ&ART@上賀茂神社」(10月13日、14日、11月11日)もまた、企画側の発想力と行動力から生まれた。「ジャズが好き。だから、いろんな人に本物のジャズを体験してほしい」との想いがここまで形になってきたのだ。一つずつ目の前の問題をクリアし、一歩前に進み、一段上に上る努力でここまできた。ゲストのラインナップは、ハンク・ジョーンズ氏、穐吉敏子氏、日野皓正氏、板橋文夫氏…と最高峰の面々(現時点予定)である。
 ここまで来たけれど、これから先の道も長く険しい。企画側は、根本は楽しくて仕方がないのだけれど、実際問題として本当に大変な作業が山積みである。

 そこでこの場を借りてお願いします。
 当日を迎えるまで惜しまぬ努力を続ける「京都JAZZ&ART@上賀茂神社」実行委員会に愛の手を!
 どんな形でも結構ですので、趣旨に賛同し何らかの協力を!と思われるジャズを愛するあなた!事務局までメールをください。
 realjazzproject@yahoo.co.jp
 がんばれ!と声をかけてもらえるだけでもうれしいかも!
 
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/325-9f2e1982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【お詫びとライブ内容変更のお知らせ】 «  | BLOG TOP |  » HANAREで離れ業!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する