fc2ブログ
topimage

2024-04

今日の芸術 - 2007.05.30 Wed

今日(こんにち)の芸術は、
うまくあってはならない。
きれいであってはならない。
ここちよくあってはならない。
と、私は宣言します。
それが芸術における根本条件であると確信するからです。
(岡本太郎『今日の芸術』1954年出版)

 先日、朝日新聞の特集記事に引用されていた岡本太郎氏の言葉。
 それにしても言葉がものすごい直球ストレート。視覚芸術について述べられたものだろうが、現代ではすんなり受け入れられるこの言葉も、1954年当時はストレートな分、衝撃的だったろう。
 しかし、これはある意味、ジャズにも通ずる言葉だと思った。これなら8歳の大我でも理解できるはず…と切り抜いてみたものの、はたと考え込んでしまった。
 ヘタじゃ話にならないから。
 芸術を考えたり、生み出したり、そして捕らえたりするのは、うまいとかヘタとか、そういう観点からじゃないという意味なのだろうが、キレイに心地よい音だけを追い求めては芸術になりえないということか。明快な言葉だが、理解し消化し体現するのは難しい。
 根本条件・・・・・・・。
 さて、どうやって大我に説明しようか?

 大我は、ピアニスト板橋文夫さんとのライブを控えている。
 板橋さんは「ゲイジュツハバクハツダ~~!」と叫んだ岡本太郎さんとなんとなくその風情や醸し出す空気が似ているように思える。
 ハチャメチャなピアノ演奏で破天荒なイメージの板橋さん。しかし、板橋さんの爆発的エネルギーに満ちた音楽は、そのイメージ裏切る美しさなのである。たしかにうまいヘタで板橋さんの音楽を語る人はあんまりいない。そんなことどうでもいい。…と思わせる音楽だ。
 芸術活動において「美しさ」というものは目指すゴールではなく、その結果、別次元で生まれるものなのかも知れない。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/318-17a8bd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

驚愕のレガート…  «  | BLOG TOP |  » 晴れたら空に豆まいて…

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する