fc2ブログ
topimage

2024-04

ラジオ2本立て - 2007.04.30 Mon

大我は、どんなに大きなホールでもどんなに観客が多くても、ドラム演奏に関しては全く緊張しない性質だ。しかし、すごく緊張することが一つある。「しゃべり」である。
 何といってもまだ子供なので知りうるボキャブラリーが限られており、打ち合わせをしていても、ちょっとした言い回しや表現の違いが全く理解できなかったりするのだ。
 以前、北野たけしさんの番組にゲスト出演したときのこと。打ち合わせで「外国へ行ったときの事を訊くからね」といわれていたにも関わらず、本番で全く答えられなかったことがあった。打ち合わせてたのにどうしちゃったの?と後で大我に訳を聞いて納得した。実は本番で司会者(ちなみに、今田耕司さん)が尋ねたのは「海外はどうだった?」という質問。当時6歳の大我は「外国」はわかっても「海外」という言葉は知らなかったのだ。当然何について聞かれているのかさっぱり判らず「?????」状態に…。今田さんもまさかそんなこととは知らず「?????」!現場が皆一瞬「?????」…。
 「仕方ないよ。大我のせいじゃないよ」と言っても、本人が落ち込んでしまい、ちょっとかわいそうだった。
 さて、今日はその苦手な「しゃべり」の日。しかも2本立て。まずは午前に大津のFM滋賀。こちらは15分ほどなので何とか上手くいった。そして午後からはKBSラジオの「人めぐり・音めぐり」という音楽&トークの名物番組にゲスト出演。これは1時間という長時間の生放送インタビューだ。朝から少し緊張気味だったが、パーソナリティーの山崎弘士さんというおっちゃんの年季の入った軽妙なおしゃべりで大我もすぐにリラックスできた。ツアーを終えたばかりのクリフトン・アンダーソンさん(tb)と一緒に演奏した曲を紹介したり、大我パパの話なども交えて、終始楽しい収録となってほっとした。もうすぐ9歳になるので、どんどん色々難しい言葉や表現も吸収してきて余裕も出てきたのかも?
4-30-07KBSラジオ
山崎弘士さんと大我
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/300-5bc7bcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三木俊彦さんの帰国初ライブ! «  | BLOG TOP |  » クリフトンさん最終日@11

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する