topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニー・ロスネス&レイ・ドラモンド - 2005.06.07 Tue

 今日は、京都三条御幸町("ゴコマチ"と読む)のLe Club JAZZへ、女流人気ピアニストのリニー・ロスネスとベースのレイ・ドラモンドのDuoを聴きに行った。

 …っとその前に、四条京阪のストリートライブをヒヤカシに行く。
 今日のメンバーは、つい先日ストリートを一緒にやったトランペットの"黒田ちゃん"、旧知のピアニスト"じーつー"こと辻佳孝さん、"しみしみ"ことドラムの清水勇博さん、そしてはじめましての萬さん(ベース)。渋いサウンドが通りの向こうまで響いていた。
 大我も参戦し2曲叩く。やはりちびっこドラマーにオドロイて急に立ち止まる人多数。投げ銭に貢献する!
 大我の演奏を聴いていたおばあちゃんが、「コレ、あのボッチャンにあげて。みたらしだんごやの。」と持っていた包みをそっと下さった。いつも行列のできる祇園で有名なみたらし屋さんの包みでした。しかもほかほか・・・ おばあちゃん、列に並んでやっと買われたんだろうなと申し訳なく思ったけど、丁寧に礼を言って、その笑顔とお気持ちを遠慮なく受けることにした。しかし、何でわかるんでしょう。大我の大好物がみたらし団子だと言うことが・・・ 前もおばちゃんが団子くれたことがある。大我のドラムからは団子好きのオーラが出ているのか…!!

 そして、Le Club Jazzへ。ビジュアルと音がぴったりのお二人だった。リニーさんはとても美しい方で、その演奏もキラキラと輝くクリスタル系の響きが心地よかった。恰幅のいいレイさんは、そのベースサウンドもどっしりと壮大。イメージと音色が全く違うように思えるのだが、2人の呼吸は一体化してぐんぐん音の広がりを増幅させていく。ごく間近でハイレベルなお二人の演奏をたっぷりと堪能しました。演奏曲目もスタンダードメインで大我もよく演奏するものがたくさんあり、大我も惹きつけられていた。
 リニーさんにも6歳の息子さんがおられるとのことで、家に残してきた息子さんのこと思い出されたのか、思わず大我を抱き上げてハグしておられました。「Take a picture with MY camera!」とリニーさん自身のカメラで大我と2ショットを逆に頼まれてしまった。
 お二人とも、「NYで待ってるからね!!」と大我を励ましてくださった。ありがたや…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/30-b099ad2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

When You Wish Upon A Star (The Drummonds)

Jazz-Piano Trio : ★★★★☆   When You Wish upon a Star   幅広い音楽ファンにおすすめ出来る作品といえます。   リニー・ロスネスと夫のビリー・ドラモンド、レイ・ドラモンド三人からなるピアノトリオ、ドラモンズによる1999年の作

音楽楽楽家 トミー・キャンベル! «  | BLOG TOP |  » ニューヨーカー黒田ちゃんとストリート

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。