FC2ブログ
topimage

2021-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け継がれる市川SPIRIT! - 2007.01.31 Wed

 1月31日は市川修さんの命日。一周忌となる今日、市川さんゆかりの京都木屋町ライブスポットRAGにて「RESPECT市川修」と題した追悼ライブが行われた。
 会場は、開始前から満席!市川さんの仲間たちやご友人、お弟子さんたちで大賑わい。「わー、久しぶりー!」とか「おー、ご無沙汰!」などの声が飛び交い、何かまるで同窓会みたいな雰囲気。「市川組」同窓会ってことかな?

 1ステ目は「TAIGA & The Silverbacks」のライブ。これは大我が生前の市川さんとともに、ヴォーカル市川芳枝さん、そしてベースに木村知之さんというメンバーで組んでいたユニット。「Silverback」とは、銀色に輝く大きな背中を持ち、そのオーラと威厳で群れを統率し引っ張って行くボスゴリラのこと。当時6歳のチビゴリラ大我にとって市川さんは、包容力に満ちたド迫力のボスゴリラのイメージだったのだ。市川さんもこのネーミングはとても気に入ってくださっていた。ボス亡き後、ボスのスピリットを受け継ぐ若手ゴリラの辻佳孝さんに市川さんのパートを任せて復活したのだ。
 辻さんはもともと実力派の素晴らしいピアニストだが、市川修さんに出会った時の衝撃を「雷に打たれた」と表現していた。市川さんからはピアニストとしてのみならず色々な面で大きな影響を受けたとのこと。今日も市川SPIRITに溢れる熱演だった。
 今日ステージを一段と盛り上げたのは、ベースの木村さん。普段サブリーダーゴリラ的ポジションでバンドを支えている縁の下の力持ちが、今日は思わずマイクを取ってハイテンションなスキャット!キメに「いっちゃあーーーーん!」とシャウトすると会場は大拍手!
 そして、芳枝さん。胸のど真ん中に遠慮ナシに手を突っ込んで心臓をぐりぐりするような迫力のボーカル。生前の市川の破天荒な伴奏で歌う芳枝さんのCDを聴いているといつも思う。芳枝さんの非凡な歌を最大限に引き出したのは間違いなく修さんだったんだなあ…っと。 今夜は市川SPIRITに溢れるメンバーとともに心に染み入るヴォーカルを聞かせてくださった。
Silverbacks@RESPECT市川修RAG070131 009
TAIGA & The Silverbacks(写真をクリックしてね)

 2ステ目は、かっこいい「MITCH BAND」の登場。MITCHさん(tp、vo)他、清水興さん(b)、武井努さん(ts)、永田充康(ds)さんのメンバー。MITCH BANDもピアノは市川さんだったが、後を引き継ぐのは”弟分”清水武志さん。市川さんがこよなく愛したニューオリンズジャズサウンドが会場に響く。流れたのは1年前の「お別れ会」で、皆で市川さんを送ったときと同じゴスペルナンバー。MITCHさんが市川さんの写真を高く掲げてトランペットを吹き鳴らしながら会場を練り歩く。会場は総立ちの手拍子と合唱で笑い泣き…。いつも気丈な芳枝さんも、今夜は一周忌を迎えてか、いつになく涙を見せておられた。
MITCH BAND RESPECT市川修RAG070131
MITCH BAND(写真をクリックしてね)

 でも、芳枝さんを一番泣かせたのは、3ステ目のスペシャルゲスト。
 ステージの最初から予告されていたシークレットスペシャルゲストがついにベールを脱いだ。
 紹介を受けてステージに上がったのは、今夜がセッションデビューとなる1人の新人ドラマー。
 その名も「市川綾野」さん。市川家のご長女、中学3年生。
 綾野ちゃんは「ミュージックラボ」西代一博師匠に師事する大我の妹弟子にあたる。習い始められた頃の市川さんの嬉しそうな表情が思い出される。
 市川さんの仲間たち、清水興さん、辻さん、清水武志さん(アルト!)、武井さんがスタンバイ、もう1つのドラムセットには永田さんが待機、綾野ちゃんの背後には大我という鉄壁のサポート体制で迎える中、綾野ちゃんが、緊張の面持ちでステージへ上がったのだ。会場からの「あやの~!」コールの中、綾野ちゃんは見事に「On Green Dolphin Street」を叩ききった。バース交換も見事にこなし、拍手大喝采。中には、感極まって涙ぐんでおられる人もたくさん。でもやっぱり一番泣いていたのは、客席後方で見守っていた母・芳枝さんだった。
 ドラマー市川綾野デビュー@RESPECT市川修
満面の笑みの市川さんの写真の前で熱演する綾野ちゃん!(写真をクリックしてね)
 そして、その感涙の芳枝さんと共に感動の「ALL OF ME」で母子共演が実現した。ドラムを習い始めてまだ1年と少しだが、確かに市川さんの”血”を感じる演奏だった。ココにも市川修SPIRITが確実に受け継がれている。
天国の市川さんも嬉しくて号泣されていたことだろう。 

市川SPIRITを輪の中心に仲間が楽しく集ったひと時だった。
 MITCH大我RESPECT市川修RAG070131

MITCH & 大我(写真をクリックしてね)
芳枝MITCH大我RESPECT市川修RAG070131
MITCH, 大我と芳枝さん(写真をクリックしてね)
スポンサーサイト



● COMMENT ●

武田様、
暖かいコメントありがとうございます。
Pick Upのライブにきてくださるんですね?ありがとうございます。
このトリオは大好評だった先月の大阪でのライブに続き、今回も気合を入れてさらにパワーアップしてお届けします。お楽しみに!
ご予約がまだでしたら、もしよろしければお取しておきますよ。
では、23日お待ちしています。

すばらしい内容のレポート、ありがとうございます。大切なことがたくさん含まれていると思い、感動しました。2/23、pickupに行くことを楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/271-0f75ddd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大我、節分祭へ。 «  | BLOG TOP |  » きらきらひかるライブ!

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。