FC2ブログ
topimage

2019-11

天才エジソンの秘密! - 2006.04.29 Sat

4月29日(土)
 今日大我は京都文化博物館で開催中の、「発明王エジソン展」に出かけた。

 エジソン展行く?と誘われて、
 えじそんでなに?と大我。
 電気発明した人やん。おうち明るいのはエジソンのおかげや。
 ????
 
 という感じでいまひとつノリ気ではなかったようだが、せっかくのお天気のいいOFFの土曜、出かけることにしたのだ。

 しかし、行ってみると子供にもわかりやすい解説のオーディオも借りれて、えらく楽しかったようだ。息せき切って見てきたことを話してくれた。

 なあなあ、エジソンてな。どんだけ学校行ってたか知ってる?
 しらん。どんだけ?
 3ヶ月や!

 あーそこに食いついたか!ライブの都合で時々学校を休まざるを得ない大我だが、すでに勝っているぞ。そのあたりエジソンのことがいたく気に入ったようだ。

 引き当ててきた「エジソンの言葉」というおみくじのような紙をみせてくれた。
「天才とは1%のひらめきと99%の汗である。」
と書かれていた。
 なんでわざわざこの言葉が大我に当たったのかはわからないが、天才エジソンに言われると何とも考えさせられる。大我は時に安易に「天才少年」と称されることが多いが、泣きながらでも何度も何度もうまくいかないところを練習している大我を見ていると、普通のいたずら好きの少年の大我が図らずも背負ってしまった「天才」でいることの大変さを痛感する。しかし、いくら練習がつらくても、少なくとも今の大我には、演奏して体感するグルーヴ感が明らかに楽しいのである。そうやって純粋に楽しいと感じる部分がある限り、「天才」であろうがなかろうがそんなことは置いといて、流した分の汗と涙も輝きになって行くんだろうなと思う。べただけど・・・

 しかしエジソン、レコードも発明してたのか!
 おうちが明るいのも、JAZZが楽しいのもある意味エジソンのおかげか。
スポンサーサイト



● COMMENT ●

たいがくん、ありがとうね

コメントで最後の方、呼び捨てになってますね、ごめんなさい、今発見しました(笑)。
たいがくん、同じ曲でもいつもちがうっていうことのおもしろさが、さいきんわかってきました。わくわくたのしそうな石井さんのかおを見てて、よけい気がつきましたよ。
これからもれんしゅうにほんばんに、がんばってね!おうえんしてます!

いっぱいがんばります

いろんな人といろんな曲を演奏するのが楽しいです。ジャズは同じ曲でもいつもちがうところがわくわくします。
またみにきてください。
ありがとうございました。

大我くんが励みになるように思います

日ごろ子供たちとお付き合いしていますが、自分には子供がいないので、実際学校の現状等々わからないところがあります。なんか追われてしまってる子もいて。
そう思うと、大我くんは毎日忙しく過ごしているのかな?と思うと、別世界のような不思議な気もします。
指導をしてるので私も思うのですが、やっぱり、努力ですよね・・・そうか~食いついて頑張るお子さんなんですね。本当に好きだからこそかもしれないし、環境も運も色んなものがうまく合致しての今の状況かもしれませんね。
子供に音楽を教えるというより、伝える立場として、これからも大我を遠くから見守らせていただきたいなぁ~と思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taigajazz.blog17.fc2.com/tb.php/166-77a5ac74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりのStreet in Kyoto «  | BLOG TOP |  » 金澤英明さんと怒涛の5DAYS

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する