topimage

2010-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のタコ焼き店長! - 2010.11.29 Mon

 っと言うことで、外がカリッ!中がトロッ!のタコ焼き作り。
「店長~!おねがいしま~す!」 「ハイ!ヨロコンデ!」
たこやき
 三代目のタコ焼き器。(3年前の地蔵盆の景品です)
 具材はオーソドックスな天かす・桜エビ・青ネギ・紅生姜・そしてタコ。(国内産のタコには手が届きません)
大我店長のベースは、水にイリコ・カツオ・コンブ・生卵・牛乳を入れた出汁に、メリケン粉(薄力粉)・ベーキングパウダー少々を溶かし、塩・醤油少々入れ生地にしっかり旨みを入れます。
大我はタコの代りにチクワ&チーズ。タコ焼き店長なのに、タコが苦手なんですゥ~!

たこやき2
 昔のように鉄製のタコ焼き器を使い、ガス火で焼けばもっと美味しく焼きあがるのですが・・・チョット悔しいデス。
 先ずは、生地に閉じ込められたタコ出汁の味を楽しみ、その後ソース・青のり・カツオ粉を振りかけたバージョンで二度楽しみます!

 最近、たこ焼きやお好み焼き専用の粉が売っていますが、その中にはデン粉が入ってます。
袋にある説明書では、水3に対して粉が1くらいの割合で混ぜるように書いてますが、それでは固すぎると思います。(誰が作っても失敗しないように・・・?)
市販の専用粉を使用する場合、5対1もしくは6対1くらいで良いかも?デス。(粉は混ぜるというよりも、溶かすといったシャビシャビ状態のイメージです)
焼きあがったタコ焼きを半分に割ったら、中身全部が下に落ちてしまいそうになるくらいがベスト!

 関西の家庭には絶対と言ってよいほどタコ焼き機があります。大我ん家は2台有り。
特に大阪では100%では?というくらい。各家庭にはタコ焼き店長(奉行)がおり、子供に伝授していきます。

 昔ながらのタコ焼きで、ハズレの少ない地域。(関西版)
大阪・阿倍野区、天王寺区、平野区、生野区・・・大阪ばっかりでスミマセン。(←牛・生肉、焼肉もGoodな所デス)
京都の某老舗有名店タコ焼きを食べた時、「コレ、お好み焼きやん?!」とショックを受けた事があります。
 中にキャベツが入ってた・・・
遠く離れた鹿児島ではキャベツ入りが普通みたいですが、まさか関西でそんな事があるなんて・・・


スポンサーサイト

日本初・Rotti Bun - 2010.11.28 Sun

 ライブがないので、食べモン続きのブログとなってま~ス!
ブログネタが少ない・・・そんな中、大我ファンのO氏が「大我が好きそうなパンを見つけて来たで~」と、差し入れて下さいました。ので、アップさせていただきま~す! 
日本初上陸の『RottiBun Café』が、京都三条通り十字屋さんの並びにオープン。マレーシア生まれで、アジアでもの凄い人気だそうです。

RottiBun.jpg

RottiBun3.jpg
 テイクアウトだったので少々つぶれてますが・・・ロッティブン・クルミ・バニラの3種類。
中はフワッ、モチッの生地にトロッのバターが溶け込んでます。表面はクッキー生地で焼き上げているので、カリカリッ、サクサクッと香ばしい。大人なメロンパンって感じです。
 約15秒レンジでチンして、約15秒オーブントースターで焼いてから食した大我とお姉ちゃん。
3種類を少しずつ味見しようと合意した姉弟でしたが、「アカン!美味すぎる!」を連発!  あっという間に全て完食し、「もっと食べた~い!」と叫んでました。

 「せやっ!今晩はカリカリッ、トロトロッ!のタコ焼きを作ろ~っ!」と、自分のチクワと大人分のタコの買い出しにすっ飛んで行きました。

 まだまだ食べ物ブログが続きそう・・・




チビシェフ大我 【長崎風ちゃんぽん編】 - 2010.11.25 Thu

 休日の午後、長崎風ちゃんぽんに挑戦しました。
昨夜の博多風鶏鍋の〆は何もせず、大切なスープをとり置きし、長崎と博多のコラボ!

ちゃんぽんの具材
 材料を揃えます。
人参・ピーマン・玉ねぎ・白ネギ・キャベツ・小松菜・もやし等の野菜をタップリ。(野菜は安くなってきましたが、キヌサヤと干し椎茸は高くて断念)+豚肉・むき海老・イカ・貝柱・うずら卵と蒲鉾。麺はゆで太麺。(なぜゆで麺かは後で説明します)4人前の材料費約900円。

 野菜を切る作業は単純すぎてオモロクない。一般的な板付き蒲鉾でチョット遊びます。(飾り切りですが、板付き蒲鉾なんて大変ご無沙汰。大我は初めて見ました。)
gohan 031
 包丁の刃先を奥の板に斜めに刺し込み、そこを支点に、金魚の尾ひれがヒラヒラと左右に動く動作を繰り返しながら包丁を木の板まで降ろします。
かまぼこ切り
 上↑の動作を繰り返した後、包丁を寝かせてスライドさせ、木の板と蒲鉾を切り離します。
かまぼこ切り2
 そうすると、こんな飾り切りが出来ます。チョット下手ですが・・・
 
ちゃんぽんの肉炒め
 先ず、せん切り生姜と豚肉を炒めます。(サラダ油・ごま油、お好みで。生姜は風邪予防にタップリ!)

ちゃんぽんの野菜炒め
 かたい野菜から炒め・・・

ちゃんぽんの野菜炒め2
 残りの野菜を炒めます。(この間すべて強火)

*チャンポンにするための簡単味付け!
肉と野菜を炒めている時、塩などの調味料は使わず、ナンプラー(ヌゥクマム)を大さじ一杯入れて炒めるとGOOD!長崎の匂いになります!(ナンプラーで、味をコントロール。コショウは白コショウがベスト!)

ちゃんぽんのもうすぐ出来上がり
 温めておいたスープに干し貝柱粉(市販)を入れ、コクを追加。そして、そのスープを炒めているフライパンに移します。
*この時点でエビ・イカ・貝柱等を入れ煮立てます。(けっして最初から入れない事。固くなります。)

 少し残したスープにゆで麺を入れ一煮立ちさせます。(味が濃いかった時の薄めるスープとしても・・・)
*生麺を使って麺をボイルするよりもスピーディーで簡単!(光熱費が安く済む。麺に味が移るのが速く、湯切りをしなくて良い。最近の製麺技術が素晴らしく、失敗は少ないです。)
そしてこの鍋の麺を直接器に盛り、具材をドッサリ乗せ・・・

ちゃんぽん出来上がり
 トッピングに明太子を乗せ・・・長崎と博多のコラボ完成!!!  美味か~!!! 

チビシェフ大我 【鶏鍋編】 - 2010.11.24 Wed

 鍋の季節到来!
大我は丸ごとの鶏一羽、さばくのに挑戦しました。
献立は韓国のタッカンマリにしようと思ったのですが、朝鮮人参とナツメグ等が手に入らなかったので急遽、博多風鶏鍋に変更!
鶏鍋調理 さばく1
 近くの肉屋さんで一羽¥1,450-で仕入れてきました。内臓を取り除いてるやつで、生では食せないやつデス。
(この値段ですので、もちろんブロイラーです。通常、鶏を出荷する場合大きく分けて60日鶏、90日鶏、120日鶏、ひね鶏等があります。60日鶏で約2,5~2,8㎏有るのですが、今回仕入れて来たのは約1,8㎏、45日鶏位でしょうか)
中国料理の一部では背中から骨ごと切り捌く方法もあるのですが、今回は腕力を使わない一番簡単な方法で挑戦してもらいます!
(日本での多くは、背中に十字の切れ目を入れてから仰向けにし捌いて行きます・・・理由が有りますが、ココでは省略)
先ず、ももの内側に包丁を入れ、骨があたる(股関節)所まで切り込みます。(ペティナイフがあればやり易いと思います)
後は両手で持ち、ひねるように逆方向に折り曲げると股関節が外れます。(*あの幻の部位ソリレスは、この股関節のくぼみの横にあるのです。市販されているモモ肉にくっついてますヨ!ココで言う幻とは、その部位だけを刺身等で食べる場合デス。)

ボキボキッという音に快感を覚える大我・・・自分が強くなった気がするのか?!

鶏鍋調理 さばく2
 そして、手羽元の付け根を外します。(小さい鶏なので、手羽元と手羽先は切り離しませんでした)

鶏鍋調理 さばかれた鶏
 上から手羽先付き手羽元、ササミ、モモ肉、モモ肉の隣が胸肉。(市販されている胸肉にはこんなに皮が付いてませんが、こんな状態にもできます。)
そして一番下が鶏ガラとなってしまった部位。身が沢山付いてますが、今回は鍋なので後でシャブリつきます。許してつかあんさい!(ネックも切り落として置き、セセリにシャブリ付けるようにしておきます)
*胸の内側に付いてる軟骨(矢じりの形のやつ)、テール(尻尾)は貴重です。贅沢に塩焼きに・・・と、つまみ食いを強要する大我!
*胸肉の皮は手ではぎ取り、一口大に切って唐揚げにし、ポン酢で食します!


鶏鍋調理 出汁
 博多風鶏鍋にしたので、米のとぎ汁を用意。(どの道、ご飯を炊くので一石二鳥)別途、出汁昆布汁を作っておきます。
とぎ汁の方に鶏ガラなど骨付きの物を入れ火にかけ、沸騰したら中火にして鶏ガラを約30分グツグツ煮込み(アク取り作業有り)、その後弱火にして60分以上(蓋をした状態)煮ます。要するに濃く濁ったスープを作るのです。
*(この時、沸騰した状態の中にササミを入れ、直ぐ取り出しおき、あえ物等の材料に使い一品増やしましょう!)

鶏鍋調理 出汁煮込み
 鶏ガラスープと昆布出汁を合わせ、鶏を投入! 

鶏鍋2
 先ず、白菜、青ネギ、白ネギ、ニラ、三つ葉だけで作ります。
白と青と黒(この場合の黒は鶏肉を指す)だけを使い、スープの味を壊さないようにしました。
洋人参を入れると全く違う味になってしまいます。(人参を入れるなら朝鮮(高麗)人参。この場合は薬鍋としてスープを味わいます)
又、豆腐や糸蒟蒻を入れたい場合は、スープに匂いが移るので、ある程度鍋の中身を食べてからにしましょう!

鶏の体の作りを勉強し、「旨い!自分でさばいた鶏は特に旨いわ!」と、ガッツク大我でした。

*オススメの食べ方は、スープはスープだけ飲むべし。鶏肉は岩塩+コショウ。(唐辛子よりコショウが旨いです!)野菜類はポン酢。残ったスープでラーメン、雑炊などを・・・コラーゲンたっぷりです!(大我は明日、このスープを使って長崎風チャンポンを作ります!)
*市販のマッコリをアッサリ飲むにはビールで割るとグイグイいけます。
韓国の一般家庭では、7~8年前までビールを飲む習慣がありませんでした。少しずつ外食から家庭に浸透したのですが、その時にあみだされたのがビール割という事だと韓国の友人に教えてもらいました。

チビシェフ大我 【きずし編】 - 2010.11.21 Sun

 大我ファンの方がピチピチのハマチを贈って下さいましたので調理に挑戦!

でっかいはまち
 体長53センチ。今回、大我シェフは一番簡単におろす方法で挑みます。
予定献立は、ハマチのきずしと、ハマチのソテー・バルサミコ風味!

はまちをさばく大我
 先ず、頭を落とします。今回は斜めに包丁を入れず、まっすぐ切り落とし。
頭部とカマ部分はアラ煮にするので、アゴの下にあるエラの付け根に包丁を入れ、エラを取り除いておきます)

はまちをさばく大我2
 お尻の穴から包丁を入れ、内臓を取り除きます。

はまち
 尾を持ち、尾から頭部方向に皮を引きます。

はまち2
 3枚おろしにした後、血合い部分を切り取り背と腹に分けます。(計5枚おろし)
半身にタップリあら塩をし、冷蔵庫で約90分寝かせます。(魚種の身の厚さによって、時間を変えましょう)
冷蔵庫から取り出した身を酢洗いし、身が浸るほどの漬酢に浸し冷蔵庫で約90分寝かせます。(この場合も上記のように魚種によって変えましょう。腹身は脂が多いので、さらに多めの時間浸してもOK!)
*漬酢に小さじ一杯の醤油と、小さじすりきれ一杯の昆布茶の素か、梅昆布茶の素を入れるとさらに美味しくできますよ!
*食卓に出すまでの時間を逆算。今回、まな板に魚を乗せてから食卓に登場するまで約3時間半。

はまち ソテー&きずし
 和洋折衷の献立となりました!
バジルペーストと岩塩でソテーし、白ワインでフランベ。(今回の魚は刺身でも食べれる物ですし、火を通し過ぎないよう注意。)バルサミコ酢はじっくり火を入れ、甘味が出るまで我慢。
前回のブログで紹介したパプリカに加え、豆苗のバターソテーを添えました。

はまちのきずし
 綺麗な色でしょ?!

Tio Pepe - 2010.11.20 Sat

 素敵なスペインレストラン、『Tio Pepe』さんに行ってきました。
1年半以上前、バルセロナへの演奏旅行前にスペイン料理を体験しておこう!と、リストアップしていたのですが、神津先生の講演会出演で長野・茨城・東京のツアーが有ったので結局行けませんでした。
Spanish Restautant Tio Pepe 048

 名古屋でのライブの日、ハドウスの社長さんが「大我君、見て見て!スペインの写真沢山撮ってきたヨ!」と先週までスペイン視察に行って撮りためたフォトアルバムを見せてくださいました。
その中には綺麗な街並みやバルの写真がてんこ盛り。アシックス・ヨーロッパのスペイン支社長さんや、オランダスタッフの皆さんに連れて行ってもらったレストランの想い出が蘇ります。
「あ~、またスペインに行きたいナ~!せや!前~に調べてた京都のスペイン料理屋さんに行こう!」と早速予約を入れてもらってました。

そして今回、大我のお姉ちゃん(風雅)の誕生祝いを兼ねて、大我からのプレゼント!・・・っていうか、スペインに行けなかった風雅にスペインの事を自慢したかったみたい。
前菜を食べて、「ああ~この味、スペインを思い出すわあ~!ここのオリーブオイル旨いワ~!新鮮なオリーブオイルを使うと全然クセがないから、なんぼでも食べれる~!」と偉そうなこと言ってました。

Tio Pepeの生ハム
生ハム~!チョリソ~!

Tio Pepeのスペイン風オムレツ
スペイン風オムレツ~!

Tio Pepeのパエリア
魚介のパエリア~!

Tio Pepeのカシスシャーベット
カシスシャーベット!

 この日はフラメンコ・ギターのソロライブがあり、以前、大我・バーニング・ブライトがアレンジし、スペインに持って行った曲の「ボレロ~アルハンブラ宮殿の想い出~ボレロ」のアルハンブラ宮殿の元曲が聴けて嬉しそうな大我。12分の8拍子をタップリ楽しみました。

 スペイン人のオーナーシェフの元、スペイン、日本のスタッフ皆さんの丁寧な対応がとっても気持ちの良い、素晴らしいレストラン。機会があれば是非どうぞ!おススメです!

バウムクーヘン! - 2010.11.17 Wed

バウムクーヘン

 滋賀でのライブに来て下さった『たねや』さんの方が、大我を囲む食事会の終了後「大我君はバウムクーヘン好き?好きだったら贈るよ!」と声をかけていただいてから直後、でっかいバウムクーヘンが届きました!
 箱を開けてビックリ! 「ウォ~!」と雄叫びをあげる大我!
切り株の様なでっかさで、お風呂の椅子?ゴーカートのタイヤ?(例えが悪くてスミマセン!)みたい。
(一緒に写ってるのは、農園部門のパプリカ!みずみずしくフルーツみたい。サラダを沢山食べる大我家には、とっても有難いです!)

「ああ、バウムクーヘンって、なんでこんなにおいしんやろ!ここのはシットリしてて、甘さ加減もバッチ・グ~や!食べたい分だけ自分で切って食べれるなんて、幸せや~!」
と、この巨大なお菓子を牛乳片手に殆んど一人で食べきってしまいました。

『たねや』さんは、とっても有名なお菓子の老舗。
和洋のいろんな美味しいお菓子をあつかっておられます。
たねやグループさんのバウムクーヘンのページはこちらでーす!

LIVE @ HADOWS  - 2010.11.15 Mon

 今日は久々の熱田店
前回は約二年半前。その時はNHKと日テレの密着取材の中の一日を追った形で、陰?のジャズクラブではなく、陽の会場としてハドウスをチョイス。LAのとあるステーキハウス?みたいに・・・
出演するのは久々なんですが、ツアー中、名古屋を通過する際にはよく「大我です。ステーキ食べさせて下さい!」と社長さんに電話し、チョクチョクお邪魔してました。

Hadowsの特大ステーキ
 早めに出発し、到着後直ぐ「店長!320gミディアムレアで!」とご注文!
「今日は記録を狙うゾォ~!」と勢いよく血の滴る肉にガッツク大我!(顔の大きさぐらいあるでしょ?!)
食事後は、リハに来ていた名古屋の応援団チアリーダー(アヅサ)と店内で鬼ごっこ。妹分のお相手でウォーミングアップする大我です。

Hadowsライブ
 本日の共演者はおなじみのトム兼松(gt)さんと、名古路一也(b)さん。
会場は、久々の熱田店登場の大我を楽しみにしていたお客さんで満杯。名古屋の応援団長リョウ君のお友達なんかは8人で応援に!又、噂を聞きつけた新規のお客さんも沢山。神奈川からはHご夫妻もご来場くださり、皆さんに大きな大きな声援で盛り上げて戴きました。

Hadowsライブ3
 恒例のバースデイ・コーナー!
1stセットでは、9月にハドウスみなと店でお祝いしたタイシ君が家族5人で来場。ナント!その中の妹さん(サラちゃん)にバースデーが当り、2ndではカップルでご来場の女性が当選。なごやかな雰囲気に包まれた中、トリオからの演奏をプレゼント。喜んでもらえたかな?!

 ハドウスでは、各セット終了後アンケート用紙が回収されます。
「ドラムを聴いてチビリそうになりました!」「こんなに集中して聴いたのは初めてです!」「凄いドラムソロで泣いてしまいました!」「今度いつ来てくれるの?早く来て~!」など、熱いメッセージで溢れていました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

 そして・・・大我は記録達成!
320g+240g+120g+130g=810g(10g更新!)
店長さん、スタッフの皆さんの励ましのおかげで記録更新できました。ありがとうございました!

呉服屋さんでJazz - 2010.11.11 Thu

 日本三古橋、近江八景の一つ“瀬田の唐橋”
667年、中大兄皇子が大津に都を移し翌年即位し天智天皇となったころ。そのころに、現在の形の様な橋を架けたとされる、と~ても歴史のある橋なのです。当時から近年にかけて東から京都に入る場合、琵琶湖を船で渡るか、歩いて瀬田川にかかるこの唐橋(大橋)を渡るしかなかった。船で渡る者は時より比叡山からの吹き下ろしの突風に襲われたことから、徒歩で唐橋を渡る順路を選んだ者が多かったらしい。その頃から言われることわざが今でも残る。
「急がば廻れ」「唐橋を制する者は天下を制す」など。
 今回の文化の日は、この古橋と新星大我とのコラボ。
主催はこの唐橋の袂で古くから呉服屋を営み、最近その敷地内の蔵を改装し炭火焼割烹のお店をオープンされたオーナーご夫妻と先代のご夫婦。会場はその呉服屋さんの一階、畳の大広間。“畳でJAZZ”。
大津をもっと盛り上げたいと、大我ファンのオーナーご夫妻からの依頼を受けて、熱いライブが繰り広げられました。
にしよ ライブリハ
 美味しい昼食を戴いてからのリハーサル。
今回お願いしたのが、武井努(sax)さん、箕作元総(guitar)さん、木村知之(bass)さん。
おなじみの木村さん以外、久々の面々。みんなで持ち寄ったアレンジ曲をリハーサル。

にしよ ライブ5
 100名近いお客さんで広~い畳会場が埋め尽くされます。
この日は近畿圏内の毎日放送(MBS)さん、地元びわこ放送さんのテレビ収録も有り、お客さんの方が緊張された様子。
「音楽大学の先生の木村さんですが、その教え子たちに仕事を奪われ悩んでいる・・・」と、大我のMCで会場は大笑い。会場の緊張感を和らげるMCでリラックス。

にしよ ライブ3
 みんなの熱い演奏で観客を盛り上げ、ドラムソロで釘付け!

にしよ ライブ2
 休日の夕方、沢山のチビッコが聴きに来てくれてました。
「僕も、世界と日本の音楽の懸け橋となります!」と大我のMC。大きな拍手をいただきました!

にしよ ライブ1
 アンコールは総立ちで踊りまくり、約90分間のライブが終了。
サイン会は長蛇の列。沢山の方々から「感動しました!とても楽しめました!」と声をかけていただきました。

にしよ うちあげ鍋
 打ち上げ~!会場は隣の『炭火割烹・蔓ききょう』
八寸に始まり、鳥のお造り盛り合わせ等など・・・最後は自家製つくねが入った鳥鍋~!暖まります!

にしよ うちあげ2
にしよ うちあげ1
にしよ うちあげ3

今回の打ち上げは“大我を囲む会”として限定数の予約制。
みなさんと混じり、遅くまで盛り上がりました!(参加していたお兄ちゃんから、漫画のワンピースを貰って大喜びの大我でした・・・奪い取ったのかも・・・汗)

 主催者の皆さん、主催者さんとの縁を取り持っていただいたOさん、今回お手伝い戴いた“炭火焼鳥・うずら屋”のスタッフの皆さん、そしてお越しいただいたお客様、ありがとうございました!

 来月12月23日、“炭火割烹・蔓ききょう”さんで30名限定のライブがあります。(現在のところ、若干名の空き有)
ミシュラン一ツ星から三ツ星のシェフ達が絶賛するここのお料理とジャズライブ。なんとも贅沢なライブになりそう・・・楽しみです!

ラジオ番組、二本録り! - 2010.11.05 Fri

 『きらきらひかる』でのライブ前、KBSラジオに出演してきました!
お昼過ぎから会場入りするまでの約3時間、クリヤ・マコトさんがパーソナリティーを務める番組『BEAT ON JAZZ』2本分の収録。
あまりにも大我の歴史の内容が濃すぎて、プロフィールの前半の少ししか紹介できなかったみたい。
一本目は大我が生まれてから5~6歳の時までの話。(大我の記憶が薄いため、大我パパが助っ人で補足)
二本目が大我が記憶にある事をメインに。  どんな感じになったのかナ~?楽しみ~!
Tiger-Kuriya Radio
 一本目が11月25日夜9時30分~。二本目が12月2日夜9時30分からの放送だそうです! 

クリヤさんと『きらきらひかる』 - 2010.11.04 Thu

 クリヤ・マコトさんとの二日目は大我のホームグランド『きらきらひかる』
今夜はハロウィーンライブとして仮装での来場を呼び掛けていたのですが・・・ちゃんと居ました!ちょっと恥ずかしそうにされてましたが・・・そんな方々が超~満席状態の中で緊張されている新規客の方々の気分をほぐしてくれます!
Tiger-Kuriya Jazz きらきらひかる
 今日のベーシストはデミヤン(出宮寛之)です。大我の命令で無理やりパンプキン帽を・・・でも本人は喜んでました!

Tiger-Kuriya Jazz きらきらひかる3
 美しく、激しく、クリヤサウンドが会場を惹きつけます。
イントロのアイデアが半端なく、デミヤンも気が抜けません!背中から聞こえる大我の物語をしっかり受け止め、このトリオを一体化させるのは流石です!
大我も安心して、一曲一曲に集中できます。そんなトリオのサウンドは、お客様の心に深く浸透。物凄く熱い視線で彼らに集中してる雰囲気が会場を包みます。
また、ホッコリした大我のMCは会場の空気を和らげます。緩急の効いたライブパフォーマンスに笑顔も満開!

Tiger-Kuriya Jazz きらきらひかる5
 最後は全員が立ち上がり、体をリズムに乗せて大盛り上がり!
「来月(12月4日)も絶対来るからネ~!」って、ほとんどの方が予約されて帰路につかれました。

Tiger-Kuriya Jazz きらきらひかる7
 レバノンからのご一行様と。
世界の人々が訪れる京都。美味しいもんと音楽を同時に満喫できる場所を検索し、『きらきらひかる』にたどり着かれました!

Tiger-Kuriya Jazz きらきらひかる8
 打ち上げ~!
肌寒くなった京都。とっても熱いライブとなりました!

クリヤさんと『Jazz On Top』 - 2010.11.02 Tue

 久々の出演です。
5~6歳のころ、大阪ブルーノートの帰りなどの際に、ココのジャムセッションに何度かおじゃましてました。
そして7歳の誕生日に、ハーヴィー・トンプソンさん、椎名豊さんとのライヴにゲストとして参加させてもらったり、Mitch、金澤英明さんとのユニットで出演してから早5年。
Tiger-Kuriya Jazz On Top 3
 本日は東京からクリヤ・マコトさんを迎えてのライヴ。ベースは吠えるベーシスト木村知之さんにお願いしました。
一曲目からぶっ飛ばすトリオ。ハイテンションの木村さんのスキャットが炸裂!
クリヤさんのアイデアが降り注ぎ、緊張感バリバリのライヴとなりました。

Tiger-Kuriya Jazz On Top 4
 途中から清水ひろみさんの優しく温かな歌声が店内を包み込みます。
激しいインストと、まったりのヴォーカルが交差する、とっても緩急の効いたライヴとなりました。

ジーツーのお父ちゃん、神奈川からH氏も駆けつけて下さり、楽しいひと時を共有できました。ありがとうございました!

Dancing Baby - 2010.11.02 Tue

 こんなんも見つけました。



 もちろん最初は誰かの踊りを見てマネたんでしょう。
けど、この年齢で、脳からの指令を見事に体に届かせ、メロディーに合わせ動かす事ができるなんて・・・
大我も踊ってみせましたが、ヘタクソでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。