FC2ブログ
topimage

2008-07

レコーディングを終えて… - 2008.07.24 Thu

 ベニー・グリーンさんとバスター・ウィリアムズさんというこの上なく素晴らしいジャズミュージシャンを迎えての夢のようなレコーディングは無事終了しました。長かったような…、あっという間だったような…。大我はもちろん、プロデューサー氏やエンジニアさん、ジャケット制作班の皆さん、撮影隊の皆さん、PR班の皆さん、一同一様にホッとしました。(個人的には、まだまだもっと演奏を聴き続けたかったですが…)このように多くの皆さんのお力で今回のレコーディングが滞りなく進んだことに感謝しつつスタジオを後にして、みんな一緒にお疲れ様のお食事会へ。

 途中、タイムズスクエアを闊歩する大我。
Tiger@times s
 前回のNY滞在中もよく通っていた日本料理屋さんへ行きました。大我はサーモンとイクラの「親子丼」にがっつきながら、テーブル対抗土地名しりとり大会!「る」の攻防でした。(「る」のつく土地名はホント少ないです。ルイジアナ、ルクセンブルグ、留萌、ルーイビル、ル・アーブル…。どなたか他に何か思いつきませんか?)

 その後、撮影も兼ねてNYはタイムズスクエア名物の人力自転車に乗りこみました。大我の乗った自転車の運転手くんはサービス精神旺盛にジェットコースターみたいな蛇行運転をしてくれ、大我は大喜び!
Tiger In NY1
運転手くんたちと記念撮影!
Tiger In NY2
 「いったい何の撮影なんだい?」と尋ねる彼らに説明すると、「そりゃすごいな、CDチェックするよ!」と言ってくれました。


 それから大我は有名ジャズクラブ「BIRDLAND」に顔を出しました。
早速Birdlandへ
 大我はオーナーのジョンさんととっても仲良し。スタッフの皆さんも含めて、「Oh, Tiger! It's Good to see you!」と大歓迎してもらいました。さっそく、お店のTシャツをお土産にいただきました。いつも何かもらっちゃう大我です。そして大我だけは座席の移動が自由。自分が一番見たい場所へとちょこちょこっと移動していく大我。同じように移動していったスタッフは席へ戻るように注意されちゃいましたが…。

 そして、ジョンさんが大我にそっと耳打ちしてくれました。「今日はもう一人有名な人が来ているよ。ヨー・ヨー・マさん!」と。「えっ!どこ?」と即座に反応する大我。えー!大我はあの世界的なクラシックチェリスト、ヨー・ヨー・マの存在を知っているのか?!とこっちがびっくりしていると、…違いました。「ヨーヨーマン」(ヨーヨーをする芸人?)が来ていると思っていたようです。気を取り直し、終演後にご挨拶をして2ショット写真を撮らせていただきました。…が、会場が暗すぎてものすごいピンボケでした。とても掲載できません。すみません。

 この日のステージは、キューバ出身のサックス&クラリネット奏者、パキート・デリヴェラさんのクインテット。パーカッションも入っていてとてもご機嫌なラテンサウンドで大我もノリノリでした。大我の隣に座っていたおばあさんが大我の様子を見て、「なんてリズム感のいいぼっちゃんなの?」とびっくりしていたので、「彼は世界最年少のプロのドラマーです」と伝えると、椅子からひっくり返りそうにもっとびっくりしていました。「CDを楽しみにしているわ!」と握手を求めてくださいました。ニッコリ笑顔で「Thank you!」と答えた大我でした。
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する