FC2ブログ
topimage

2006-11

日野皓正という人 - 2006.11.08 Wed

日野皓正さんは、言わずと知れた最高峰ジャズトランペッター。しかし、画家と言うもう一つの顔も持っておられる。かのマイルス・デイヴィスの比類なき画才も有名だが、日野さんもまた、美しい色彩と力強いラインでジャズや女性などをモチーフにした暖かな作品を多く創作されている。実は、日野さんは大我の8歳の誕生祝に、バスドラムに『Tiger』と入ったドラムセットの絵を描いてプレゼントしてくださったこともあり、大我は日野さんの絵にとても興味がある。大丸神戸にて歌手・加山雄三さんとの絵画2人展を開催され、日野さんのミニライブに合わせて出掛けた。
 ライブでは、日野バンドのベーシスト金澤英明さんとデュオで2曲。さすがは年季の入り方が違うお二人、息もぴったりのデュオは、クインテットなどとは一味違った味わい深さで、鳥肌ものの素晴らしさだった。最強のオジサマ2人に会場はノックアウト!
 しかし、日野皓正という人のすごさを垣間見たのは、ライブ前のトークの時だった。おやじギャグを連発し、自虐的なコメントで会場の爆笑をさらっていた日野さん。ふと会話が途切れた一瞬の沈黙のときのこと。会場の聴衆の中に、お体の不自由な方がおられ、その沈黙の瞬間に、その方が大きなうめくような声を漏らされ、その声が会場に響きわたったのだ。唐突なことに会場が凍りつくかと思ったその瞬間、なんとステージ上の日野さんが同じ音程の声を出された。え?と思うまもなく日野さんはそのままその音からスキャットを始めた。素晴らしいアドリブのスキャット。会場は大喝采に包まれたのは言うまでもない。
 日野皓正という人、非凡な人だ。

キャプテン金澤&副キャプテン大我

日野さんの帽子を借りて、キャプテン金澤と2ショット!
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する