FC2ブログ
topimage

2006-08

ザ・長野ツアー2006 - 2006.08.12 Sat

 大我は大津のライブの後、そのまま長野へ行って、マレットゴルフ、バーベキュー、温泉、ジューシーな桃!スイートなコーン!フルーティーなトマト!などを楽しんだ。そして家で飼っていたカブトムシ君とクワガタ夫妻は、長野の森へ返した。
マレットゴルフ06長野

 8月9~11日の3日間は、長野ツアーのライブだ。メンバーは、テナー吉本章紘さん、ベース畠山令さん、そしてピアノは昨年の長野ツアーに引き続き辻佳孝さん。
 初日の9日は、ギャラリー飛鳥というログハウス風の素敵なスペース。ちょっと年配のお客様が多く超満席状態!外は涼しいのに会場は暑くてメンバーは汗だく。最初、お客様は大我バンドの迫力にびっくり仰天という表情だったが、皆さん次第に演奏にのめり込まれ、とても楽しそうな笑顔になったり、中には感激で涙ぐまれるおばあちゃんも・・・。お客様の層に合わせ、知っておられるであろう映画音楽などスタンダードのバラードをメドレーで演奏したりした。もちろん「月の砂漠」も。満月だったから・・・でも最後はハードバップで締めくくり、お客様のやんやの喝采。ベースの弦が切れた。
ギャラリー飛鳥長野06

 2日目は、釣具屋さんのような名前の謎の楽器屋へベースの謎の弦(中国製でめちゃくちゃ安い!大丈夫か?)を調達しに行ってからライブ会場の「峠の茶屋」へ。ここは実は大我のおじさんのお蕎麦屋さん。もちろん蕎麦はめっちゃうまい。ここは子供さんや若者層がたくさん来てくれ立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。
 店はその名のとおり杖突峠というところにあるので、諏訪湖と諏訪平野を眼下に見下ろす素晴らしい景色が展望台と店内からも望める。メンバーもその景色の素晴らしさに展望台で大はしゃぎだった。(注意:展望台右端の100円双眼鏡は映らない!お金も戻ってこない!!大我バンドの某ピアニストが周辺にある露天風呂をのぞこうとしたのでバチがあたったに違いない!)
大我バンド@杖突峠

さて、日が落ちて窓の外の絶景が夜景に変わる頃、大我バンドの演奏もも最高潮。大我は最後のアフロ・ブルーの演奏でドラマーになって初めてスティックを折った。ハイハットも壊れた…(しかし、ベースの弦は無事だった)
峠の茶屋06長野

 3日目は、昨年もライブをした「ファイブ・ペニーズ」という岡谷市のライブハウス。この夏、集中豪雨で大変な被害を受けた岡谷市。大我バンドはご縁のあるこの岡谷市の市役所へライブ前に出向き、ほんの気持ちだが義援金を届けてきた。「ファイブ・ペニーズ」へはasicsオニツカタイガーの方も東京から駆けつけてくださった。ツアー最終日、メンバー全員思う存分にゴキゲンな演奏を繰り広げた。
FivePennies06長野

 楽しく、何よりも涼しい長野でのひと時はあっという間に過ぎてしまった。また、来年もやるぞー

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジャズドラマー大我の日々をHP管理者がお伝えします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する